年に一度の法定停電対策で cron に書いたシャットダウンが来年も実行されないようにする

電気事業法に基づく電気設備の法定点検は、電源を止めて行う必要があり、法定停電と呼ばれたりします。
法定停電に備えて Linuxサーバーをシャットダウンするために、cronにシャットダウンの設定を書きますが、法定停電後に消すのを忘れると、翌年いきなりシャットダウンされます。

そこで、シャットダウン前に年をチェックしておくようにします。
次のように書くと、2020年のみ実行します。


0 8 12 1 * /usr/bin/test $(date +\%Y) -eq 2020 && /sbin/shutdown -h now


これで、シャットダウンの記述を消すのを忘れても、来年は何も起こりません。

"年に一度の法定停電対策で cron に書いたシャットダウンが来年も実行されないようにする" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント