ブラウザでアクセス時に「情報は完全には保護されていません」「情報はセキュリティで保護されていません」と出る場合

Chromeブラウザや Edge でネットしている際に、下の画像のように「情報は完全には保護されていません」(Chrome)、「情報はセキュリティで保護されていません」(Edge)と出た場合、これはサーバーの問題で、お使いのPCやブラウザの問題ではありません。

Edge_SSL_OBSOLETE_VERSION.PNG

Chrome_SSL_OBSOLETE_VERSION.PNG


先週リリースされた Microsoft Edge 84、Chrome 84 において、通信の暗号化プロトコル TLS 1.0とTLS 1.1の対応が削除されました。
この影響で、上記エラーがでるようになったWEBサイトがあるようです。

WEBサイトが、よりセキュアなプロトコル(TLS1.2、TLS1.3)に対応していない為で、お使いのPCやブラウザではなく、WEBサイト側の問題です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント