Windows10をリモート操作する標準機能 クイックアシスト(操作する側の視点での説明)

リモートのパソコンの画面をみながら遠隔操作できる、Windows10 の標準機能 クイックアシストの使い方です。
以前下記記事で紹介しましたが、操作してもらう側/操作する側に手順を分けて書いていたものの、ちょっとわかりにくかったので、操作する側から操作してもらう側へ伝える、という内容で書き直してみました。

リモートのパソコンの画面をみながら遠隔操作できる、Windows10 の標準機能 クイックアシスト: パソコン鳥のブログ


なお、クイックアシストでのリモートPCの遠隔操作で、次の点が注意点です。

  • 操作する側の人はマイクロソフトアカウントが必要です
  • Windowsキーや ALTキーを押しても、ローカルPC(操作する側)で機能します。
  • 音はリモートPC(操作してもらう側)で鳴ります
  • リモートPCの再起動で、起動してきたら自動的に接続再開するので便利です
  • テキストのやりとりは半角文字列のみできます。全角文字列ではできません


また、下記の方法については、リモートのパソコンの画面をみながら遠隔操作できる、Windows10 の標準機能 クイックアシスト を見てください。


  • 画面を大きくする
  • 文字列の送受信
  • 再起動する



では、操作する側観点での手順です。
操作してもらう側が必要な手順は、以下では、操作する側から伝えるようにしています。



自分(操作する側)側で Windows のスタートメニュー の Windowsアクセサリ から クイックアシスト を実行します。

下の画面が出ます。
[他のユーザーを支援する] を押します。

クイックアシスト1.png

Microsoftアカウント でサインインします。

クイックアシスト2.png


次の画面が出ます。

クイックアシスト3.png


ここで、相手(操作してもらう側)に、Windows のスタートメニュー の Windowsアクセサリ から クイックアシスト を実行してもらってください。
実行してもらうと、相手(操作してもらう側)では下の画面が出ます。
「[アシスタントからのコード] を今から伝える」と伝えてください。

クイックアシスト1.png


自分(操作する側)側の下の画面の、セキュリティーコードを、相手(操作してもらう側)に伝えて、入力してもらってください。
相手でセキュリティーコードを入力して、[画面の共有]ボタンを押してもらってください。

クイックアシスト3.png


すると、自分(操作する側)側で次の画面が出ます。
[続行] を押します。

クイックアシスト4.png


相手(操作してもらう側)では下の画面が出ます。[許可] を押してもらってください。

クイックアシスト5.png


自分(操作する側)側に次のよう、相手(操作してもらう側)の画面が見えます。
これで操作可能です。
相手に今から操作する、と伝えて作業してください。


クイックアシスト7.png


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント