「Windowsセキュリティシステムが破損しています」といった偽警告が出て、強制的に電源を切ってもまた出てくる場合

Windows10 のブラウザで「Windowsセキュリティシステムが破損しています」といった画面が出る場合、それは偽警告画面です。
画面上のメッセージのボタンを押さずに、すぐにブラウザを閉じてください。

アラートメッセージが次々表示されて、ブラウザを閉じるボタンが押せないことがあります。
この時、電源ボタン長押し等で強制的に電源を切っても、再起動したら勝手にブラウザが立ち上がって、同じ画面が出ます。

その場合の対処です。

まず、マウスに頼らずに、キー操作で問題の画面を閉じます。
CTRLキーを押しながら Wキーを押してください。ブラウザの画面を閉じることができます。

これでOKです。
次回再起動しても出てきません。


さて、これで解決済みですが、そもそも、なぜ再起動で、同じ画面が出ていたのでしょうか?

それは、Winddows10では、いきなり電源を切っても、前回開いていたアプリケーションが自動的に立ち上がるようになっているためです。
偽警告画面が出た状態で強制的に電源を切っても、また同じ画面が出ていただけです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント