Windows10で英語キーボードを日本語キーボードとして設定する場合に困ること

Windows10の設定で、英語キーボードを日本語キーボードとして使う場合に困る点です。
・下の図で、赤丸の付いたキーが(物理的に)無い
・青丸の付いたキーは、別の場所になる(下の図では右上側に移る)

英語キーボードと、日本語キーボードでキーの数自体と配置が違うためですが、注意が必要です。

640px-JIS_keyboard_character_layout_US_ANSI_comparison.svg.png

英語(US)キーボードの図です。

640px-US_ANSI_keyboard_character_layout_JIS_comparison.svg.png

上の2つの図で、
・赤字のキーは、キー上の表記が異なる
・黄色キーは、相手キーボードに(物理的に)無いキー
・灰色の箇所は、(物理的に)自分には無いが、相手には存在するキー
となります。

ただし、英語(US)キーボードの左側の黄色のキーは、日本語キーボードでは「半角/全角」キーが配置されていて、このキーを押すと「半角/全角」と同様に日本語入力がON/OFFできるようになっています。


キー上の異なる表記は、下のような日本語キーボードラベルシールを利用したりします。




なお、Windows10の設定で、英語キーボードを日本語キーボードとして使うには、次のサイトの「ハードウェア キーボード レイアウトを設定する」の箇所に従って設定すればOKです。

[FAQ番号:036641]英語キーボードと認識されているので日本語キーボードに設定しなおしたい(Windows 10)|FAQ Search|エプソンダイレクト

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント