WSL で apt-get upgrade すると gnome-session 起動でエラーになる

Windows10 の WSL の Ubuntu 18.04 で、gnome-session を起動すると Ubuntuデスクトップ環境を使うことができます。

Windows 10 WSL で Ubuntu 18.04 Gnome 3 デスクトップ環境:Royal Windows:So-net blog
Windows Subsystem for LinuxでUbuntu Desktop (GNOME)を動かす - OTTAN.XYZ

ところが、最近 apt-get upgrade すると、次のような表示が出て gnome-session が起動できなくなっていまいました。
これの対処方法です。


winClipboardThreadProc - DISPLAY=127.0.0.1:0.0
OS maintains clipboard viewer chain: yes
gnome-session-is-accelerated: No hardware 3D support.
gnome-session-check-accelerated: GL Helper exited with code 256

** (gnome-session-check-accelerated-gles-helper:98): WARNING **: 15:12:25.025: eglGetDisplay() failed
gnome-session-check-accelerated: GLES Helper exited with code 256
gnome-session-is-accelerated: No hardware 3D support.
gnome-session-check-accelerated: GL Helper exited with code 256

** (gnome-session-check-accelerated-gles-helper:102): WARNING **: 15:12:30.288: eglGetDisplay() failed
gnome-session-check-accelerated: GLES Helper exited with code 256
gnome-session-binary[76]: WARNING: software acceleration check failed: Child process exited with code 1
gnome-session-binary[76]: CRITICAL: We failed, but the fail whale is dead. Sorry....



対処は、wsluパッケージの削除です。


sudo apt remove wslu


削除後、WSL を再起動します。

WSL を再起動するには: パソコン鳥のブログ


これで、apt-get upgrade 後でも gnome-session が起動できます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント