WSL で CentOS を使う

WSL で CentOS7 を使う方法です。

WSL へ CentOSインストール


次の個所から CentOS.zip をダウンロードします。

https://github.com/yuk7/CentWSL/releases/latest

CentOS.zip を展開すると、CentOS.exe と rootfs.tar.gz があります。
これらを、任意のディレクトリに移動します。


CentOS.exe を実行します。
管理者権限の無いユーザでログオンしている場合は、エクスプローラで右クリックして [管理者として実行] から実行して下さい。

次の表示が出たら WSL で CentOS のインストール完了です。何かキーを押すと終了します。


Installing...
Installation Complete!
Press any key to continue...


CentOS.exe と同じ個所に rootfs , temp ディレクトリが出来ています。

インストール後、再度 CentOS.exe を実行します。
管理者権限の無いユーザでログオンしている場合は、エクスプローラで右クリックして [管理者として実行] から実行して下さい。

今度はターミナルが立ち上がってきます。
これで WSL で CentOS が動作します。


ログインユーザ変更


初期ログインユーザは root なので、変更します。

ユーザを作成します。また、sudo できるようにします。


adduser ユーザ名
gpasswd -a ユーザ名 wheel


また、/etc/sudoers でコメントになっている次の行のコメントを外します。

/etc/sudoers

wheel   ALL=(ALL)       NOPASSWD: ALL

exit して、ターミナルから抜けます。

次にコマンドプロンプトで、次のように実行します。
ログインユーザを、指定のユーザにします。


CentOS.exe config --default-user ユーザ名


このコマンドでは、ログインユーザの設定変更をするだけです。

これで CentOS.exe を実行して CentOS を立ち上げると、ログインユーザが変わっています。

ここで sudo できるか確認して下さい。
sudo できなかったら、一旦 exit して、コマンドプロンプトで、次を実行します。


CentOS.exe config --default-uid 0


CentOS.exe を実行すると、rootユーザになっていますので、先の手順にミスが無いか確認して下さい。


Xの設定


CentOS のグラフィカルなアプリを表示できるようにします。

Xサーバー VcXsrv をインストールします。
下記記事の手順の「インストール」「実行」を実施して下さい。

WindowsでリモートのLinuxのGUIアプリを表示させる-Xサーバ VcXsrv: パソコン鳥のブログ

次に、WSL の CentOS上で次を実行します。
必要パッケージをインストールします。


sudo yum install xorg-x11-apps
sudo yum install ipa-*-fonts 


動作確認です。
次を実行すると、マウスの場所を目玉の向きで追いかけるアプリが表示されます。


export DISPLAY=:0.0
xeyes


ログイン時に必要な設定がされるように、~/.bashrc の末尾に次を追加して下さい。

~/.bashrc

export LANG=ja_JP.UTF-8



アンインストール


CentOSをアンインストールするには、コマンドプロンプトで、次のように実行します。
管理者権限の無いユーザでログオンしている場合は、エクスプローラで右クリックして [管理者として実行] から実行して下さい。


CentOS.exe clean




参考


Install CentOS on Windows 10 WSL
GitHub - yuk7/CentWSL: CentOS as a WSL Instance. Supports multiple install.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント