Windows10 の WSL で使うXサーバ は、Xming、Cygwin/X、VcXsrv どれがいい?

Windows10 の WSL(Windows Subsystem for Linux) で使えるXサーバには、フリーなものでは Xming、Cygwin/X、VcXsrv があります。
現状、Cygwin/X が良さそうです。

WindowsでリモートのLinuxのGUIアプリを表示させる-Xサーバ Xming: パソコン鳥のブログ
Windows用Xサーバ Cygwin/X: パソコン鳥のブログ
Windows用Xサーバ Cygwin/X インストールスクリプト更新版: パソコン鳥のブログ
WindowsでリモートのLinuxのGUIアプリを表示させる-Xサーバ VcXsrv: パソコン鳥のブログ


Xming、VcXsrv では Emacs 起動時の画面が次の画面のように小さくなってしまいますが、Cygwin/X では問題ありません。

Windows版Xサーバで Emacs起動時の画面が小さい件、Cygwin/X では問題無い: パソコン鳥のブログ

画像


どうも GTK3 アプリがダメなようなので、Emacs 以外でもダメなアプリがありそうです。

WindowsでX-Server越しにEmacsを立ち上げると初期画面がおかしくなる件 - FPGA開発日記


また、性能面でも Cygwin/X と VcXsrv がほぼ同程度です。(Xmingは劣っています)
若干 VcXsrv が良い程度で、上記の Emacs等のGTK3 アプリがちゃんと表示されるので、現状では、Cygwin/X がおすすめです。


なお、性能測定したバージョンは次の通りです。

・VcXsrv 1.19.6.0 (64bit版)(LibreOffice起動時のスプラッシュ画面が固まらないバージョンで、最も新しいもの)
・Cygwin/X X Server Version 12.20.4(64bit版)
・Xming 6.9.0.31(32bit版)(無料版の最新バージョン)

Xサーバ側は Windows10 64bit WSL、クライアントは Ubuntu18.04、クライアントで x11perf を下記のように実行して測定しました。


x11perf -repeat 5 -rect500 -f14text16 -copypixwin500 -putimage500 > xming.x11perf.dat
x11perf -repeat 5 -rect500 -f14text16 -copypixwin500 -putimage500 > cygwin.x11perf.dat
x11perf -repeat 5 -rect500 -f14text16 -copypixwin500 -putimage500 > vcxsrv.x11perf.dat


結果です。
Cygwin/X と VcXsrv がほぼ同程度です。
今回使った、無料版 Xming は最終更新が 2007年と古く、32bit版しかないので性能も劣っていますね。


1: xming.x11perf.dat
2: cygwin.x11perf.dat
3: vcxsrv.x11perf.dat

     1         2         3    Operation
--------  --------  --------  ---------
 20400.0   32600.0   33200.0  500x500 rectangle
     0.0  1960000.0  2090000.0  Char16 in 40-char line (k14)
 16400.0   21600.0   20900.0  Copy 500x500 from pixmap to window
   880.0    1530.0    1630.0  PutImage 500x500 square



この記事へのコメント