WSL の Ubuntu18.04 で日本語入力

WWindows10 の WSL(Windows Subsystem for Linux) の Ubuntu18.04 で日本語入力する設定です。

Windows上でXサーバーの導入


Xサーバー VcXsrv を下記記事の手順の「インストール」「実行」を実施します。

WindowsでリモートのLinuxのGUIアプリを表示させる-Xサーバ VcXsrv


WSL上で必要パッケージのインストール


必要パッケージをインストールします。


sudo apt install fcitx fcitx-mozc
sudo apt install dbus-x11 x11-xserver-utils
sudo sh -c "dbus-uuidgen > /var/lib/dbus/machine-id"


日本語環境をインストールします。

sudo apt install language-pack-ja
sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF8
sudo apt install fonts-takao


exit を実行して、一旦 WSLのコンソールからログアウトします。


fcitx-autostart の実行


再度 WSLのコンソールにログインして、次を実行します。


export DISPLAY=:0.0
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export DefaultIMModule=fcitx
xset -r 49
fcitx-autostart


fcitx-autostart 実行で、
Fcitx is running correctly.
と出ます。

または、
I/O warning : failed to load external entity "/usr/share/X11/xkb/rules/xorg.extras.xml"
と出るかも知れませんが気にしないでください。

Connection Error (Failed to connect to socket /tmp/dbus-XXXXXXXXXX: Connection refused)
のようなエラーになったら、次を実行して下さい。


killall fcitx
sudo sh -c "dbus-uuidgen > /var/lib/dbus/machine-id"
fcitx-autostart



日本語入力のオンオフのキー設定


次を実行します。


fcitx-config-gtk3



次のような画面になります。
ここで、一覧に Mozc があるか確認し、無かったら+ボタンを押します。

画像



Mozc を選択してOKを押します。

画像


Mozcが追加されます。

画像



次に、[全体の設定]タブで、"入力メソッドのオンオフ" で 半角/全角キーを押して Zenkakuhankaku を指定します。
"入力メソッド起動のその他のキー" で [無効] を指定します。

ウィンドウを閉じます。


日本語入力


準備が完了しました。

これで、FirefoxなどのGUIアプリを立ち上げた後、半角/全角キーで日本語入力できます。
アプリが起動できない場合は、「Windows上でXサーバーの導入」をおこなっているか確認して下さい。


日本語入力できない場合は、コンソールで

ps auxw|grep fcitx

を実行してみて、fcitx があるか確認します。
無い場合は、先の手順の「fcitx-autostart の実行」を行ってください。




参考


気づいたらガジェ獣: WSLでMozcで日本語入力
fcitxで作るWSL日本語開発環境 - Qiita

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック