自己署名証明書でエラーがでないようにサーバー証明書をWindowsにインストールする

https を使えるように、WEBサーバで自己署名証明書を使うと、次のように「NET::ERR_CERT_AUTHORITY_INVALID」エラーになります。
[詳細設定] を押して、[XXXX にアクセスする(安全ではありません)] とたどれば、一応 https でアクセスできますが、ブラウザのURLバーで「保護されていない通信」(Chromeの場合)等、警告が出ます。

画像


自分だけや、少人数で使う場合は、サーバー証明書をクライアントPCにインストールすれば、警告が出ないようにできます。


まず、サーバー証明書をクライアントPCに持ってきます。
例えば、下記記事では、サーバー証明書 は server.crt です。

CentOS6/CentOS7/Ubuntu14.04 でのサーバ証明書の作成方法


Windows上で、持ってきたサーバー証明書をエクスプローラ上でダブルクリックします。

ダイアログが出たら [証明書のインストール] を押します。
証明書のインポートウィザードになるので、[次へ] を押します。

次の画面では、[証明書をすべて次のストアに配置する] を選択し、[参照] を押して "信頼されたルート証明機関" を選択し、[次へ] を押します。

画像


[完了] を押してインストール完了です。


Chromeブラウザの場合は、一旦終了後に、立ちあがて確認してみて下さい。
今度はエラーなくアクセスできるようになっています。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック