ownCloud のトラブル(apt-getでエラー、メンテナンスモードのまま)

ownCloud のトラブル対処です。

ownCloud については、下記を参照してください。

Dropboxのようなサービスを自前で運用できる ownCloud パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ


apt-get update でエラー


apt-get update で次のエラーになる場合です。


W: 署名照合中にエラーが発生しました。リポジトリは更新されず、過去のインデックスファイルが使われます。GPG エラー: http://download.opensuse.org Release: 公開鍵を利用できないため、以下の署名は検証できませんでした: NO_PUBKEY 4ABE1AC7557BEFF9

W: http://download.opensuse.org/repositories/isv:/ownCloud:/community/xUbuntu_14.04/Release の取得に失敗しました

W: いくつかのインデックスファイルのダウンロードに失敗しました。これらは無視されるか、古いものが代わりに使われます。


apt-get で参照されるパッケージのデータベースを消してみます。


rm /var/lib/apt/lists/* -vf


再度 apt-get update してみます。


W: GPG エラー: http://download.opensuse.org Release: 公開鍵を利用できないため、以下の署名は検証できませんでした: NO_PUBKEY 4ABE1AC7557BEFF9


上のエラーが出た場合、下記を実行します。



これで apt-get がOKになります。


メンテナンスモード


ownCloud でファイル同期がされない場合に、ブラウザでアクセスすると「このサーバーownCloudは現在メンテナンスモードです」と表示された場合の対処です。

画像



ファイル /var/www/owncloud/config/config.php 内の maintenance を確認し、false になっていたら true にします。


'maintenance' => true,


再度ブラウザでアクセスすると、ownCloudのログイン画面になります。



参考


【Ubuntu14.04】apt-get updateでcranのGPGエラーとかハッシュサムが適合しませんとか | mixiユーザー(id:11806401)の日記
6.3. apt-cache コマンド
Dropboxのようなサービスを自前で運用できる ownCloud パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ
ownCloud がメンテナンスモードのままになってしまった時の対処法 - Wikiducca
いつか、そのとき、あの場所で。 | [Ubuntu][owncloud] owncloud更新後にmaintenance modeが終わらない場合の対処方法。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック