Firefox で手動で追加したサーバ証明書や認証局証明書を削除してデフォルトに戻す方法

Firefox で手動で追加したサーバ証明書や認証局証明書を削除してデフォルトに戻す方法です。


Firefox ではサーバ証明書や認証局証明書を手動で導入することができます。

例えば、下記で紹介したプライベート認証局(オレオレ認証局)証明書を Firefox へインポートできます。

CentOS6/CentOS7/Ubuntu14.04 でのサーバ証明書の作成方法 パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ


自己署名証明書(オレオレ証明書)は、SSL通信が必要なページにアクセスした際、「接続の安全性を確認できません」と出て、「危険性を理解した上で接続するには」の「例外を追加」から追加できます。

画像



これらのように明示的に追加、または何らかのサイトで証明書を誤って追加してしまったりで、追加したサーバ証明書や認証局証明書を削除してデフォルトに戻したい場合は、次の方法で削除できます。
なお、以降の説明中のプロファイルディレクトリの場所は、下記ページの「プロファイルの探し方」を参照して下さい。

プロファイル | Firefox ヘルプ


手動で追加したサーバ証明書を削除する場合

Firefox が起動していない状態で、プロファイルディレクトリ下の cert_override.txt を削除します。


手動で入れた全ての証明書を削除し、デフォルトに戻す場合

Firefox が起動していない状態で、プロファイルディレクトリ下のファイル cert8.db , cert_override.txt を削除します。



これで、手動で追加したサーバ証明書や認証局証明書を削除して、証明書をデフォルトに戻すことが出来ます。




参考


Remove all firefox certificate authorities from firefox - grc.security.software


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック