PuTTY+Xmingで表示が遅い場合の対処

2015/5/9 修正

「Xディスプレイの場所」に行う設定を「127.0.0.1:0」から「localhost:0」に修正

IPv6が有効になっている場合、Xクライアントが起動できなかった為



PuTTY+Xmingの組み合わせで、リモートのLinuxのGUIアプリの表示が遅い場合の対処です。
特に遅くは感じていなくとも、本記事の対処を是非おこなってください。

PuTTY、Xming については下記を参照して下さい。

ターミナルエミュレーター PuTTY(日本語版)
WindowsでリモートのLinuxのGUIアプリを表示させる-Xサーバ Xming


リモートのLinuxのGUIアプリの表示が遅い場合の対処方法は以下を設定します。

putty を起動して、画面左のカテゴリから 接続 -> SSH -> X11 を選択します。
画面右側で「X11フォワーディングを有効にする」にチェックを入れる際、同時に「Xディスプレイの場所」に localhost:0 と入力します。
ターミナルエミュレーター PuTTY(日本語版)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック