テーマ:PC

WindowsでVPN切断時に保護されていない状態での通信を回避するVPNキルスイッチ(Windowsファイアウォ…

VPNが切断された際に、ネットワークの通信自体を止めるVPNキルスイッチで、接続のブロックにWindowsファイアウォールを使用するバージョンです。 VPNキルスイッチについては、次の記事で紹介しています。 WindowsでVPN切断時に保護されていない状態での通信を回避するVPNキルスイッチ: パソコン鳥のブログ 上の記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーバーのキーボードの上にものが置かれていたら、リモートからの再起動で起動してこなくなった!

リモートログインでサーバーを再起動させたら、サーバーが再起動して来なくなり、ちょっと焦りました・・ サーバーのキーボードの上に、VGAケーブルが置かれていたため、起動できなくなっていました。 なぜ、キーボード上に置かれていたら、リモート再起動できないかというと・・ そのサーバーでは、再起動するとブート時に「Press any …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディストリビューション指定でのwsltty実行方法

WSLで便利なコンソール wsltty があります。 WSLのコンソールを便利で高機能な「wsltty」に置き換える:Tech TIPS - @IT WSL で複数のディストリビューションをインストールしている場合に、ディストリビューションを指定して実行するには、次のようにします。 XXXXXX はディストリビューシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SSDへの換装手順と、エラーコード 0xc000000e で起動不可になった場合の対処

PCのHDDをSSDに換装する手順と、起動NG(エラーコード 0xc000000e)になった場合の対処方法です。 移行元HDDがブートモードGPT(EFDI)とかの場合でもOKです 事前準備 交換する SSD のサイズが、元のHDDの内容をコピーできるサイズか確認しておきます。 エクスプローラでドライブを右クリック-プロ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WindowsでVPN切断時に保護されていない状態での通信を回避するVPNキルスイッチ

VPNキルスイッチとは? 通信を保護するために使うVPNですが、VPNの接続が切れても、元のネットワークで継続して通信は行えます。 しかし、VPNが切れたことに気づかないと、保護された通信(VPNの通信)のつもりが、いつの間にか、保護なしの通信(元のネットワークでの通信)をしていることになります。 そこで、VPNが切断された際に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日時より複雑な条件でcronを実行する

複雑な条件でcronを実行する場合の指定方法です。 2019.9.19 修正 cronでの実行例で、%を \% に修正しました。 月末に実行する 月によって月末の日付が異なりますので、次のようにして、翌日が1日の場合(=月末)に実行します。 0 0 28-31 * *…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GoogleChrome の Software Reporter Tool をバージョンアップでも 半永久的に実行…

Windows を使っていると時々ファンの音が大きくなり、原因が Software Reporter Tool というツールによって、CPU使用率が高くなっていることだったりします。 この Software Reporter Tool は、Google Chrome の付属物で、ネットで色々調べてみた結果、止めても良く、止めるには中身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL 環境のコピー

Windows Subsystem for Linux (WSL) 環境を、コピーする方法です。 WSL環境のコピー この後の手順で LxRunOffline.exe を使用します。 https://github.com/DDoSolitary/LxRunOffline/releases/latest にアクセスし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Linuxでシステム固有の値としてディスクのUUIDを暗号化キーに使う

Linuxでシステムごとに固有の値として、ディスクのUUIDを使う方法です。 暗号化キーに使うことで該当システムでのみ復号化できるようになります。 最近見つけた下記サイトで、暗号化でシステムの UUIDを暗号化キーに使っていました。 システムの UUID取得にはrootが必要なので、一般ユーザでも取得可能なディスクのUUIDを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL環境のバックアップ・リストア、さらにハードリンクで容量節約

Windows Subsystem for Linux (WSL) の環境のバックアップ・リストア方法です。 Windows領域にバックアップをとります。バックアップ先のファイルシステムは NTFS であることが必要です。 バックアップはフルバックアップをとりますが、変更が無いファイルはハードリンクで保持するので、実質、差分バック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Aterm でブリッジモード時のIPアドレスを設定する

Aterm でブリッジモード時のIPアドレスを設定する方法が分かりづらく、苦労しました。 PCでの作業が必要ですが、設定方法です。 はじめに、Atermの [WAN] の箇所のケーブルを外して、電源入れなおします。 PCのIPアドレスを 192.168.1.100/24 にします。 IPアドレス設定方法は次のページを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL で Windowsのディスク領域を Linuxディスク領域のように使う

WSL は、/mnt/c を経由して、Windowsの Cドライブへアクセスできます。 同様に Dドライブでは /mnt/d 等のようにアクセスします。 ただし、このマウント先はあくまでも Windowsのファイルフォーマットなので、Linux のパーミッション等は反映されません。 Linuxのディスク領域のように使うには、次のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

tar での圧縮を複数CPU処理で高速化する

tar コマンドは、-I オプションで圧縮に使用するコマンドを指定できます。 このコマンドに pbzip2 を指定すると、複数CPUを使って処理を行い、短い時間で完了します。 pbzip2 ではオプションで使用するCPU数を指定でき、CPU数に応じて実行時間がどう変わるか、計測してみました。 なお、pbzip2 は例えば Ub…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL を再起動するには

Windows10 の Windows Subsystem for Linux(WSL) で、再起動相当のことをするには、コンソールウィンドウを閉じるだけでは出来ません。コンソールを閉じても、バックグラウンドタスクが動作したり(できたり)します。 管理者権限で、LxssManagerサービスを再起動すれば、Windows再起動無しに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レスキューディスク不要:CentOS7の mdadm で構築したRAID1 で起動できなくなったら

CentOS7の mdadm で構築したRAID1 で、シャットダウン時にHDDを交換して起動できなくなった場合の復旧方法です。 下記記事では、レスキューディスクを使ったRAID復旧を紹介していましたが、コメント欄にてレスキューディスクが無くとも対処できる方法を教えていただいたので、ここで説明します。 CentOS7の mdad…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Windows版Xサーバで Emacs起動時の画面が小さい件、Cygwin/X では問題無い

Ubuntu18.04 LTS + Emacs の環境で、Windows の Xサーバー使用時に、Xサーバーによっては Emacs 起動時の画面が小さくなってしまいます。 Windows10 の WSL でも同様です。 これまで Windows の Xサーバーとして、次のものを紹介していましたが、Cygwin/X を使え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PCのキーボードでスマホに入力する

PCのキーボードからスマホに入力する方法です。 スマホをPCの入力につかうものは結構ありますが、逆はなかなか無いんですよね。 次のような特徴があります。 スマホとPCは、同じ無線LANにつないでいる必要があります PCにはアプリのインストールは不要です PCのブラウザ経由でスマホにキー入力します 日本語は直接入力でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

apt-get upgrade で事前にパッケージのダウンロードだけをする

apt/apt-get で upgrade する際、事前にパッケージのダウンロードを行っておき、それを後でインストールするには、-dオプションを付けて実行します。 apt -d upgrade これで、パッケージのダウンロードだけが行われます。 その後、-d無しで apt upgrade を実行すると、ダウンロード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windows10の従量制課金接続をONにした時のWindowsUpdateの挙動

スマホ経由でネットにつなぐテザリングで、Windows10をつなげている場合、大量のデータ通信を伴う WindowsUpdateが実行されるのは避けたいものです。 そこで、そのような通信を行わないようにする、「従量制課金接続」の設定方法と、ONにした場合の挙動についてです。 次のページの手順で設定します。 なお、従量制課金…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

モバイルホットスポットをスクリプトからONにする

下記記事で紹介したモバイルホットスポットは、一定時間無線通信が無いと、オフになってしまいます。 OFFになっていたら、ONにするスクリプト見つけました。 Windows10ノートパソコンをOS標準機能で無線LANアクセスポイントにする 次のページにありました。 https://superuser.com/que…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

参照しているDNSサーバーをWEBで確認する

PCやスマホが参照しているDNSサーバーは、ブラウザで次のページにアクセスすると確認できます。 https://www.expressvpn.com/jp/dns-leak-test すると、ページの真ん中あたりに、参照しているDNSサーバーが表示されます。 PCの設定で、DNSサーバーに 192.168.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VPN(L2TP/IPsec)サーバの設定(strongswan使用)

VPN(L2TP/IPsec)サーバの構築方法です。 以前紹介した手順(この記事)は libreswan を使った構築方法でしたが、VPNクライアントが複数台の場合、通信が不安定だったので、strongswan を使った手順を説明します。 OpenVPN の場合は、次の記事です。 OpenVPNで ID/パスワード認証する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL の Ubuntu18.04 で日本語入力

WWindows10 の WSL(Windows Subsystem for Linux) の Ubuntu18.04 で日本語入力する設定です。 Windows上でXサーバーの導入 Xサーバー VcXsrv を下記記事の手順の「インストール」「実行」を実施します。 WindowsでリモートのLinuxのGUIアプリを表示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CentOS7の mdadm で構築したRAID1 で起動できなくなったら

2019.6.29 -- 本記事はレスキューディスクを使ったRAID復旧ですが、コメント欄にてレスキューディスクが無くとも対処できる方法を教えていただきました。 次の記事の方を参照ください。 レスキューディスク不要:CentOS7の mdadm で構築したRAID1 で起動できなくなったら パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ …
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

オレオレ証明書をIPアドレスで作成する

自己署名サーバ証明書(いわゆるオレオレ証明書)を、サーバー名では無く、IPアドレスで作成する方法です。 基本的なサーバー証明書の作成については、次の記事を参照して下さい。 CentOS6/CentOS7/Ubuntu14.04 でのサーバ証明書の作成方法 サーバー証明書をIPアドレスで作成する場合は、まず、IPア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

sendmail コマンドでメール送信無しに相手メールサーバで受信可能かのテストをする

sendmail コマンドで、-bvオプションを付けると、相手にメールを送ることなく、相手メールサーバで受信可能かの検証が出来るとのことです。 CentOS 7 の Postfix で独自ドメインの設定 - Qiita 次のように実行します。 echo "test mail" |…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more