テーマ:PC

WSL 環境のコピー

Windows Subsystem for Linux (WSL) 環境を、コピーする方法です。 WSL環境のコピー この後の手順で LxRunOffline.exe を使用します。 https://github.com/DDoSolitary/LxRunOffline/releases/latest にアクセスし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Linuxでシステム固有の値としてディスクのUUIDを暗号化キーに使う

Linuxでシステムごとに固有の値として、ディスクのUUIDを使う方法です。 暗号化キーに使うことで該当システムでのみ復号化できるようになります。 最近見つけた下記サイトで、暗号化でシステムの UUIDを暗号化キーに使っていました。 システムの UUID取得にはrootが必要なので、一般ユーザでも取得可能なディスクのUUIDを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL環境のバックアップ・リストア、さらにハードリンクで容量節約

Windows Subsystem for Linux (WSL) の環境のバックアップ・リストア方法です。 Windows領域にバックアップをとります。バックアップ先のファイルシステムは NTFS であることが必要です。 バックアップはフルバックアップをとりますが、変更が無いファイルはハードリンクで保持するので、実質、差分バック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Aterm でブリッジモード時のIPアドレスを設定する

Aterm でブリッジモード時のIPアドレスを設定する方法が分かりづらく、苦労しました。 PCでの作業が必要ですが、設定方法です。 はじめに、Atermの [WAN] の箇所のケーブルを外して、電源入れなおします。 PCのIPアドレスを 192.168.1.100/24 にします。 IPアドレス設定方法は次のページを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL で Windowsのディスク領域を Linuxディスク領域のように使う

WSL は、/mnt/c を経由して、Windowsの Cドライブへアクセスできます。 同様に Dドライブでは /mnt/d 等のようにアクセスします。 ただし、このマウント先はあくまでも Windowsのファイルフォーマットなので、Linux のパーミッション等は反映されません。 Linuxのディスク領域のように使うには、次のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

tar での圧縮を複数CPU処理で高速化する

tar コマンドは、-I オプションで圧縮に使用するコマンドを指定できます。 このコマンドに pbzip2 を指定すると、複数CPUを使って処理を行い、短い時間で完了します。 pbzip2 ではオプションで使用するCPU数を指定でき、CPU数に応じて実行時間がどう変わるか、計測してみました。 なお、pbzip2 は例えば Ub…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL を再起動するには

Windows10 の Windows Subsystem for Linux(WSL) で、再起動相当のことをするには、コンソールウィンドウを閉じるだけでは出来ません。コンソールを閉じても、バックグラウンドタスクが動作したり(できたり)します。 管理者権限で、LxssManagerサービスを再起動すれば、Windows再起動無しに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レスキューディスク不要:CentOS7の mdadm で構築したRAID1 で起動できなくなったら

CentOS7の mdadm で構築したRAID1 で、シャットダウン時にHDDを交換して起動できなくなった場合の復旧方法です。 下記記事では、レスキューディスクを使ったRAID復旧を紹介していましたが、コメント欄にてレスキューディスクが無くとも対処できる方法を教えていただいたので、ここで説明します。 CentOS7の mdad…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Windows版Xサーバで Emacs起動時の画面が小さい件、Cygwin/X では問題無い

Ubuntu18.04 LTS + Emacs の環境で、Windows の Xサーバー使用時に、Xサーバーによっては Emacs 起動時の画面が小さくなってしまいます。 Windows10 の WSL でも同様です。 これまで Windows の Xサーバーとして、次のものを紹介していましたが、Cygwin/X を使え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PCのキーボードでスマホに入力する

PCのキーボードからスマホに入力する方法です。 スマホをPCの入力につかうものは結構ありますが、逆はなかなか無いんですよね。 次のような特徴があります。 スマホとPCは、同じ無線LANにつないでいる必要があります PCにはアプリのインストールは不要です PCのブラウザ経由でスマホにキー入力します 日本語は直接入力でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

apt-get upgrade で事前にパッケージのダウンロードだけをする

apt/apt-get で upgrade する際、事前にパッケージのダウンロードを行っておき、それを後でインストールするには、-dオプションを付けて実行します。 apt -d upgrade これで、パッケージのダウンロードだけが行われます。 その後、-d無しで apt upgrade を実行すると、ダウンロード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windows10の従量制課金接続をONにした時のWindowsUpdateの挙動

スマホ経由でネットにつなぐテザリングで、Windows10をつなげている場合、大量のデータ通信を伴う WindowsUpdateが実行されるのは避けたいものです。 そこで、そのような通信を行わないようにする、「従量制課金接続」の設定方法と、ONにした場合の挙動についてです。 次のページの手順で設定します。 なお、従量制課金…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

モバイルホットスポットをスクリプトからONにする

下記記事で紹介したモバイルホットスポットは、一定時間無線通信が無いと、オフになってしまいます。 OFFになっていたら、ONにするスクリプト見つけました。 Windows10ノートパソコンをOS標準機能で無線LANアクセスポイントにする 次のページにありました。 https://superuser.com/que…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

参照しているDNSサーバーをWEBで確認する

PCやスマホが参照しているDNSサーバーは、ブラウザで次のページにアクセスすると確認できます。 https://www.expressvpn.com/jp/dns-leak-test すると、ページの真ん中あたりに、参照しているDNSサーバーが表示されます。 PCの設定で、DNSサーバーに 192.168.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VPN(L2TP/IPsec)サーバの設定(strongswan使用)

VPN(L2TP/IPsec)サーバの構築方法です。 以前紹介した手順(この記事)は libreswan を使った構築方法でしたが、VPNクライアントが複数台の場合、通信が不安定だったので、strongswan を使った手順を説明します。 OpenVPN の場合は、次の記事です。 OpenVPNで ID/パスワード認証する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL の Ubuntu18.04 で日本語入力

WWindows10 の WSL(Windows Subsystem for Linux) の Ubuntu18.04 で日本語入力する設定です。 Windows上でXサーバーの導入 Xサーバー VcXsrv を下記記事の手順の「インストール」「実行」を実施します。 WindowsでリモートのLinuxのGUIアプリを表示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CentOS7の mdadm で構築したRAID1 で起動できなくなったら

2019.6.29 -- 本記事はレスキューディスクを使ったRAID復旧ですが、コメント欄にてレスキューディスクが無くとも対処できる方法を教えていただきました。 次の記事の方を参照ください。 レスキューディスク不要:CentOS7の mdadm で構築したRAID1 で起動できなくなったら パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ …
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

オレオレ証明書をIPアドレスで作成する

自己署名サーバ証明書(いわゆるオレオレ証明書)を、サーバー名では無く、IPアドレスで作成する方法です。 基本的なサーバー証明書の作成については、次の記事を参照して下さい。 CentOS6/CentOS7/Ubuntu14.04 でのサーバ証明書の作成方法 サーバー証明書をIPアドレスで作成する場合は、まず、IPア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

sendmail コマンドでメール送信無しに相手メールサーバで受信可能かのテストをする

sendmail コマンドで、-bvオプションを付けると、相手にメールを送ることなく、相手メールサーバで受信可能かの検証が出来るとのことです。 CentOS 7 の Postfix で独自ドメインの設定 - Qiita 次のように実行します。 echo "test mail" |…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RAMディスク上で実行したら「指定されたデバイスまたはファイルを開けません」でエラー

アプリのインストーラを実行した際に、「指定されたデバイスまたはファイルを開けません」とエラーになって困っていたのですが、原因は、RAMディスク上で実行していたためでした。 インストーラをデスクトップ上にコピーしたら、OKになりました。 RAMディスク上で実行するとなぜダメなのかがわかりませんが、こういうこともあるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーバで広告ブロックプロキシを動かす(Squid版)

Proxyサーバ squidで、広告ブロックを行う方法が次のサイトで紹介されていました。 Squid で広告避け(Computer Memorandum) Squid で hostsファイルを利用して広告ブロックする方式です。 原理的に、通信が暗号化される https のサイトでも、広告ブロックできます。 hosts…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

adbコマンドを手軽に入手する(その2)

Android端末の操作で使う adbコマンドを手軽に入手する方法です。 大きな Android SDK をダウンロードせずに入手できます。 以前下記記事で adb入手について説明しましたが、更新が止まっているのとインストール作業が必要なので、本記事での方をお勧めします。 本記事での入手では、インストール作業はありません。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

rc.localのように最後に実行する

Linux起動時に、指定のコマンドを実行するには、initを使用したサービス起動環境では rc.local に記述していました。 この rc.local は、/etc/init.d/ 下のサービス起動の後に実行されます。 しかし、systemd環境で rc.local 相当のサービスを起動しても、他のサービス起動と同時に実行され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UbuntuでのVPN(L2TP/IPsec)サーバの設定

Ubuntu18.04 での VPN(L2TP/IPsec)サーバの構築方法です。 CentOSの場合は、次の記事を見てください。 VPN(L2TP/IPsec)サーバの設定 パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ CentOS/OpenVPN の場合は、次の記事です。 OpenVPNの設定(通信をVPNサーバ経由にす…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Selenium でgoogleログイン

下記の記事で紹介した Selenium でgoogleログインする場合です。 ブラウザ操作を自動化する Selenium を Python から使う場合のメモ パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ headlessモードかどうかで、googleログイン画面の要素が異なるようです。 ログインIDの入力箇所が、headless…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Greasemonkeyスクリプト Fix Google Search Options 1.3.2

Google検索ツールの検索対象の言語と、検索期間のオプションをすぐに指定出来るようにサイドに表示する Greasemonkey/Tampermonkey スクリプト「Fix Google Search Options」を更新しました。 バージョン1.3.2です。 https://greasyfork.org/ja/script…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

共有フォルダを設定するための共有タブが出ない

フォルダを共有する場合、エクスプローラで右クリックして、[共有]タブを選択して設定ができます。 ところが、ある日気づくと、Windows10のPCで、何やっても共有タブが出なくなっていました・・ 原因はわかりません。 既にPCに存在している共有フォルダは、他PCからもアクセスできるので、必要なサービスなどは動作して…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more