テーマ:PC

マスターパスワードで暗号化したパスワードをコマンドの引数に記述する

Linux のスクリプトなどで、コマンドの引数でパスワードを直接書く代わりに、予めマスターパスワードで暗号化したパスワードを記述しておき、実行時にマスターパスワードを入力してパスワードを復号してコマンド実行する方法です。 例えば、次のように暗号化したパスワードをコマンド中に書けます。 この例では、実行してマスターパスワード te…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BIOSでHDDを認識しているのにブートデバイス一覧に表示されないし、LinuxインストーラでHDDも見えない

BIOS画面で、HDDが認識されているのに、ブートデバイス一覧に表示されなくなりました。 この状態で、USBメモリでLinuxインストーラを実行しても、インストーラからはHDDも見えません。 ライブUSBメモリで Ubuntu を立ち上げて HDD上のパーティションを削除した後、再起動したらこの状況になりました。 どうも、元々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマホ・ノートパソコンの画面を、テレビやノートパソコン(Windows10)に映す

スマホ/ノートパソコンの画面を、テレビやノートパソコンに映す方法です。 ノートパソコンは Windows10 が必要です。 スマホ/ノートパソコンは標準機能のみでできます。 テレビ側は、FireTV や P3Q-00009 といったワイヤレスディスプレイアダプターが必要です。 ここでは、次のパターンを説明します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

画面キャプチャーソフトでキャプチャーが失敗する場合は管理者権限で起動したらいい

画面キャプチャーソフトでキャプチャーに失敗することがあります。 例えば、次のようなWindows Defender ファイアウォールの設定画面のキャプチャーに失敗します。 窓の杜でも紹介されていた PriScVista を使ってもダメでした。 高解像度でもズレなく効率的にスクリーンショットを撮りたい人におすすめ!「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UPS無しでも、法定停電後にLinuxマシンを自動起動させるには?

年に1度の法定停電後に、電源が復旧したらLinuxマシンを起動させたいことがあります。 UPSつなげる程では無いマシンの場合、どうするか?という話です。 1つは、UPSがつながっていたマシンが起動した後、そのマシンから WOL で起動させる方法ですが、下の記事で書いている通り、どうも、停電前にシャットダウンさせておいても、法定停…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スタートアップで管理者権限が必要なアプリを起動させる場合の注意点

管理者権限が必要なアプリをスタートアップで起動する場合は、タスクスケジューラで起動する必要があります。 この時、次の3点の注意が必要です。 管理者権限で動作させるには、「最上位の特権で実行する」にチェックする。 「遅延時間を指定する」を指定しないと、タスクトレイアイコンが表示されない。 設定を一旦エクスポートして値を書き換え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャットダウン後に法定停電などでAC電源OFFになったらWOLできない?

電気事業法に基づく、電気設備の法定点検があります。 この点検、電源を止めて行う必要があり、法定停電と呼ばれます。 UPS接続していないPCがあり、法定停電に備えてPCをシャットダウンしておきましたが、法定停電終了後に Wake On Lan(WOL) で起動させようとしても、起動してきませんでした。 通常ちゃんとWOL出来てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リモートのパソコンの画面をみながら遠隔操作できる、Windows10 の標準機能 クイックアシスト

リモートデスクトップや下の記事で紹介した TeamViewer のように、リモートのパソコンの画面をみながら遠隔操作できる、Windows10 の標準機能 クイックアシストの使い方です。 すぐに開始できるPC遠隔操作ソフト TeamViewer: パソコン鳥のブログ なお、クイックアシストでのリモートPCの遠隔操作で、次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WindowsでVPN切断時に保護されていない状態での通信を回避するVPNキルスイッチ(Windowsファイアウォ…

VPNが切断された際に、ネットワークの通信自体を止めるVPNキルスイッチで、接続のブロックにWindowsファイアウォールを使用するバージョンです。 VPNキルスイッチについては、次の記事で紹介しています。 WindowsでVPN切断時に保護されていない状態での通信を回避するVPNキルスイッチ: パソコン鳥のブログ 上の記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーバーのキーボードの上にものが置かれていたら、リモートからの再起動で起動してこなくなった!

リモートログインでサーバーを再起動させたら、サーバーが再起動して来なくなり、ちょっと焦りました・・ サーバーのキーボードの上に、VGAケーブルが置かれていたため、起動できなくなっていました。 なぜ、キーボード上に置かれていたら、リモート再起動できないかというと・・ そのサーバーでは、再起動するとブート時に「Press any …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディストリビューション指定でのwsltty実行方法

WSLで便利なコンソール wsltty があります。 WSLのコンソールを便利で高機能な「wsltty」に置き換える:Tech TIPS - @IT WSL で複数のディストリビューションをインストールしている場合に、ディストリビューションを指定して実行するには、次のようにします。 XXXXXX はディストリビューシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SSDへの換装手順と、エラーコード 0xc000000e で起動不可になった場合の対処

PCのHDDをSSDに換装する手順と、起動NG(エラーコード 0xc000000e)になった場合の対処方法です。 移行元HDDがブートモードGPT(EFDI)とかの場合でもOKです 事前準備 交換する SSD のサイズが、元のHDDの内容をコピーできるサイズか確認しておきます。 エクスプローラでドライブを右クリック-プロ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WindowsでVPN切断時に保護されていない状態での通信を回避するVPNキルスイッチ

VPNキルスイッチとは? 通信を保護するために使うVPNですが、VPNの接続が切れても、元のネットワークで継続して通信は行えます。 しかし、VPNが切れたことに気づかないと、保護された通信(VPNの通信)のつもりが、いつの間にか、保護なしの通信(元のネットワークでの通信)をしていることになります。 そこで、VPNが切断された際に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日時より複雑な条件でcronを実行する

複雑な条件でcronを実行する場合の指定方法です。 2019.9.19 修正 cronでの実行例で、%を \% に修正しました。 月末に実行する 月によって月末の日付が異なりますので、次のようにして、翌日が1日の場合(=月末)に実行します。 0 0 28-31 * *…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GoogleChrome の Software Reporter Tool をバージョンアップでも 半永久的に実行…

Windows を使っていると時々ファンの音が大きくなり、原因が Software Reporter Tool というツールによって、CPU使用率が高くなっていることだったりします。 この Software Reporter Tool は、Google Chrome の付属物で、ネットで色々調べてみた結果、止めても良く、止めるには中身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL 環境のコピー

Windows Subsystem for Linux (WSL) 環境を、コピーする方法です。 WSL環境のコピー この後の手順で LxRunOffline.exe を使用します。 https://github.com/DDoSolitary/LxRunOffline/releases/latest にアクセスし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Linuxでシステム固有の値としてディスクのUUIDを暗号化キーに使う

Linuxでシステムごとに固有の値として、ディスクのUUIDを使う方法です。 暗号化キーに使うことで該当システムでのみ復号化できるようになります。 最近見つけた下記サイトで、暗号化でシステムの UUIDを暗号化キーに使っていました。 システムの UUID取得にはrootが必要なので、一般ユーザでも取得可能なディスクのUUIDを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL環境のバックアップ・リストア、さらにハードリンクで容量節約

Windows Subsystem for Linux (WSL) の環境のバックアップ・リストア方法です。 Windows領域にバックアップをとります。バックアップ先のファイルシステムは NTFS であることが必要です。 バックアップはフルバックアップをとりますが、変更が無いファイルはハードリンクで保持するので、実質、差分バック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Aterm でブリッジモード時のIPアドレスを設定する

Aterm でブリッジモード時のIPアドレスを設定する方法が分かりづらく、苦労しました。 PCでの作業が必要ですが、設定方法です。 はじめに、Atermの [WAN] の箇所のケーブルを外して、電源入れなおします。 PCのIPアドレスを 192.168.1.100/24 にします。 IPアドレス設定方法は次のページを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL で Windowsのディスク領域を Linuxディスク領域のように使う

WSL は、/mnt/c を経由して、Windowsの Cドライブへアクセスできます。 同様に Dドライブでは /mnt/d 等のようにアクセスします。 ただし、このマウント先はあくまでも Windowsのファイルフォーマットなので、Linux のパーミッション等は反映されません。 Linuxのディスク領域のように使うには、次のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

tar での圧縮を複数CPU処理で高速化する

tar コマンドは、-I オプションで圧縮に使用するコマンドを指定できます。 このコマンドに pbzip2 を指定すると、複数CPUを使って処理を行い、短い時間で完了します。 pbzip2 ではオプションで使用するCPU数を指定でき、CPU数に応じて実行時間がどう変わるか、計測してみました。 なお、pbzip2 は例えば Ub…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL を再起動するには

Windows10 の Windows Subsystem for Linux(WSL) で、再起動相当のことをするには、コンソールウィンドウを閉じるだけでは出来ません。コンソールを閉じても、バックグラウンドタスクが動作したり(できたり)します。 管理者権限で、LxssManagerサービスを再起動すれば、Windows再起動無しに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レスキューディスク不要:CentOS7の mdadm で構築したRAID1 で起動できなくなったら

CentOS7の mdadm で構築したRAID1 で、シャットダウン時にHDDを交換して起動できなくなった場合の復旧方法です。 下記記事では、レスキューディスクを使ったRAID復旧を紹介していましたが、コメント欄にてレスキューディスクが無くとも対処できる方法を教えていただいたので、ここで説明します。 CentOS7の mdad…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Windows版Xサーバで Emacs起動時の画面が小さい件、Cygwin/X では問題無い

Ubuntu18.04 LTS + Emacs の環境で、Windows の Xサーバー使用時に、Xサーバーによっては Emacs 起動時の画面が小さくなってしまいます。 Windows10 の WSL でも同様です。 これまで Windows の Xサーバーとして、次のものを紹介していましたが、Cygwin/X を使え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PCのキーボードでスマホに入力する

PCのキーボードからスマホに入力する方法です。 スマホをPCの入力につかうものは結構ありますが、逆はなかなか無いんですよね。 次のような特徴があります。 スマホとPCは、同じ無線LANにつないでいる必要があります PCにはアプリのインストールは不要です PCのブラウザ経由でスマホにキー入力します 日本語は直接入力でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

apt-get upgrade で事前にパッケージのダウンロードだけをする

apt/apt-get で upgrade する際、事前にパッケージのダウンロードを行っておき、それを後でインストールするには、-dオプションを付けて実行します。 apt -d upgrade これで、パッケージのダウンロードだけが行われます。 その後、-d無しで apt upgrade を実行すると、ダウンロード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more