テーマ:サーバ

Thunderbird 78 でメールが送受信できなくなった場合は、postfix で TLS1.0 のみ使用する…

Thunderbird 78 から、TLS 1.0/1.1 のサポートが無効になりました。これにより、TLS1.2以降に対応していない、古いメールサーバでメールを送受信できなくなります。 Thunderbird 78 にしてからメールが送受信できなくなった場合は、main.cf のオプションで TLS 1.0 (または TLS1.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

logwatch で VPN(strongswan )用の出力

CentOS で strongswan によるVPN(設定方法は こちらの記事) を運用している場合、logwatch での ログレポートでは、以下のように接続ログが Unmatched Entries として扱われます。 これを Strongswan の項目としてレポートされるようにする設定です。 -----------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[Ubuntu] ファイアウォール ufw で海外からの接続をブロックする

Ubuntu でファイアウォール ufw 使用時に、設定している許可/拒否のルールに影響を与えずに、海外からの接続をブロックする設定です。 記事タイトルは「ファイアウォール ufw で海外からの接続をブロックする」ですが、正確には、ufw から、ブロック用のファイアウォールiptablesのルールを実行します。 説明 ufw …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL の CentOS7 で MySQL をインストールする

WSL で CentOS7 をインストールします。 下記記事の手順でインストールしてください。 WSL で CentOS を使う: パソコン鳥のブログ MySQLをインストールします。 CentOS 7 はデフォルトではyumのリポジトリにMySQLがないので、リポジトリを追加します https://dev.m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特定の宛先だけ VPN経由で通信させる(PowerShellで設定)

通常VPN使用時はすべての通信がVPN経由で流れますが、特定の宛先だけ VPN経由で通信させる設定です。なお、Windowsでの設定です。 次の記事では route コマンドでの設定方法ですが、本記事では PowerShell上での設定方法です。 特定の宛先だけ VPN経由で通信させる 設定は、デフォルトで VPN経由で通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iptabels でのポート転送

Linux の iptabels でのポート転送です。 次のファイルに追記します。 /etc/sysctl.conf net.ipv4.ip_forward=1 次のように iptbales を実行します。 ここでは、TCPで 192.168.1.30:1234 への通信を 10.0.2.50:80 へ転送…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーバールームのエアコンが壊れた時の室温上昇とPC内の温度

サーバールームのエアコンが壊れて、室温が上昇しました。 室温が 55度まで上昇しました・・・ さて、ドアを開け放して送風機を動かして室温を下げる際、室温とサーバー内のマザーボード上の温度を測定しました。 マザーボード上の温度は、 lm-sensors というツールで取得した値です。 LinuxでCPUの温度やファンの回転…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外部から社内や自宅内のパソコンをリモートデスクトップで操作(SSHポートフォワーディング)

外部から、社内や自宅内のWindows10PCを、SSHトンネル経由でリモートデスクトップ接続する方法です。 ルータ外部にSSHサーバーを持っている場合は、リモートポートフォワーディングによる接続方法もあります。 外部から社内や自宅内のパソコンをリモートデスクトップで操作: パソコン鳥のブログ 下図のように外部のロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windows10の標準機能でL2TP/IPsecのVPNサーバーにできるんですね

パソコン工房の次の記事、タイトルがリモートデスクトップについてなんですが、Windows10の標準機能でL2TP/IPsecのVPNサーバーの立て方が説明されています。 リモートデスクトップの接続・設定 | パソコン工房 NEXMAG ネットでよくあるのはPPTP形式のVPNサーバーだったんですが、L2TP/IPsec形式で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VPNまとめ

コロナ禍によるリモートワーク増加の影響でしょうか、VPNに関する記事のアクセスが増えているようなので、本ブログでのVPNに関する記事をまとめました。 次の形式のVPNについて、サーバーの構築方法、既存/構築したVPNサーバーへの接続方法の記事があります。 その他、VPNに関するTIPSもあります。 ・OS標準機能で接続可能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windows10 Home でリモートデスクトップ(2020年4月)

下の記事で紹介したWindows10 Home でリモートデスクトップする方法ですが、現在できなくなっていたので、またできるようにする対応方法です。 Windows10 Home でリモートデスクトップ: パソコン鳥のブログ https://github.com/DrDrrae/rdpwrap/releases から R…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

UPS無しでも、法定停電後にLinuxマシンを自動起動させるには?

年に1度の法定停電後に、電源が復旧したらLinuxマシンを起動させたいことがあります。 UPSつなげる程では無いマシンの場合、どうするか?という話です。 1つは、UPSがつながっていたマシンが起動した後、そのマシンから WOL で起動させる方法ですが、下の記事で書いている通り、どうも、停電前にシャットダウンさせておいても、法定停…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年に一度の法定停電対策で cron に書いたシャットダウンが来年も実行されないようにする

電気事業法に基づく電気設備の法定点検は、電源を止めて行う必要があり、法定停電と呼ばれたりします。 法定停電に備えて Linuxサーバーをシャットダウンするために、cronにシャットダウンの設定を書きますが、法定停電後に消すのを忘れると、翌年いきなりシャットダウンされます。 そこで、シャットダウン前に年をチェックしておくようにしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windows10 Home でリモートデスクトップ

Windows10 Home でリモートデスクトップサーバーとして動作可能になる、RDP Wrapper Library の利用方法です。 2020.4.5 動作しなくなっていたので、対応方法を追記しました https://github.com/DrDrrae/rdpwrap/releases から RDP Wrapper…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

grub と kernel の片方だけを更新して再起動したら、起動できなくなった

ちょっとトラブったので、メモ。 CentOS7で、yum update XXX のように個別にアップデートして、その後再起動する場合の注意点です。 grub と kernel は、同時にアップデート・再起動しないと、片方だけ更新して再起動では、どうも不整合で起動できなくなることがあるようです。 grub のブートメニューの後、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オレオレ証明書で複数IPアドレスを指定する場合

自己署名サーバ証明書(いわゆるオレオレ証明書)で複数PCのIPアドレスに対応させる場合、ワイルドカードやCIDRでは指定できません。 個別に1個1個書く必要があります。 tls - IP range in SSL subject alternative name - Information Security Stack Exch…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WEBサーバーへのCA証明書の設定不備で出るブラウザアクセス時のエラー

WEBサーバーにCA証明書を設定し忘れたり、不備がある場合に、ブラウザで出るエラーについてです。 GoogleChrome で次のように「NET::ERR_CERT_AUTHORITY_INVALID」エラーが出ます。 ただし、これだけでは、CA証明書の問題かはわかりません。 この場合、URLバーに「保護されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマホに、IPアドレスのオレオレサーバ証明書をインストールする

スマホに、IPアドレスのオレオレサーバ証明書をインストールする手順です。 例えば、VPNでアクセスする社内/家庭内サーバのWEBサーバが、SSLなページでURLがIPアドレスだと、「この接続ではプライバシーが保護されません」とアクセスの度に出て面倒ですが、これにより警告なしでアクセスできます。 IPアドレスがプライベートアドレスでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Linuxでシステム固有の値としてディスクのUUIDを暗号化キーに使う

Linuxでシステムごとに固有の値として、ディスクのUUIDを使う方法です。 暗号化キーに使うことで該当システムでのみ復号化できるようになります。 最近見つけた下記サイトで、暗号化でシステムの UUIDを暗号化キーに使っていました。 システムの UUID取得にはrootが必要なので、一般ユーザでも取得可能なディスクのUUIDを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

apt-get upgrade で事前にパッケージのダウンロードだけをする

apt/apt-get で upgrade する際、事前にパッケージのダウンロードを行っておき、それを後でインストールするには、-dオプションを付けて実行します。 apt -d upgrade これで、パッケージのダウンロードだけが行われます。 その後、-d無しで apt upgrade を実行すると、ダウンロード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VPN(L2TP/IPsec)サーバの設定(strongswan使用)

VPN(L2TP/IPsec)サーバの構築方法です。 以前紹介した手順(この記事)は libreswan を使った構築方法でしたが、VPNクライアントが複数台の場合、通信が不安定だったので、strongswan を使った手順を説明します。 OpenVPN の場合は、次の記事です。 OpenVPNで ID/パスワード認証する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Chrome で ERR_CERT_COMMON_NAME_INVALID にならないオレオレ証明書

SSL自己証明書(オレオレ証明書)を使う場合、従来、証明書作成時に CN(Common Name)で指定していた内容を、SAN(Subject Alternative Name) に設定する必要があります。 Google Chrome 58以降、CN では無く、SAN の方を参照するようになったためで、これがされていないと、Chrom…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オレオレ証明書をIPアドレスで作成する

自己署名サーバ証明書(いわゆるオレオレ証明書)を、サーバー名では無く、IPアドレスで作成する方法です。 基本的なサーバー証明書の作成については、次の記事を参照して下さい。 CentOS6/CentOS7/Ubuntu14.04 でのサーバ証明書の作成方法 サーバー証明書をIPアドレスで作成する場合は、まず、IPア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己署名証明書でエラーがでないようにサーバー証明書をWindowsにインストールする

https を使えるように、WEBサーバで自己署名証明書を使うと、次のように「NET::ERR_CERT_AUTHORITY_INVALID」エラーになります。 [詳細設定] を押して、[XXXX にアクセスする(安全ではありません)] とたどれば、一応 https でアクセスできますが、ブラウザのURLバーで「保護されていない通信」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンプルとして記載可能なテスト用ドメイン名

URLだったり、メールドメインだったりをサーバー設定の例で、hogehoghe.com のようにドメインを記載する場合、実在するドメインを記載するのはちょっとまずいですよね。 ちなみに、hogehoghe.com も存在します。 このような場合、DNSとかで参照されることが無いテスト用ドメイン名があります。 RFC6761 に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーバで広告ブロックプロキシを動かす(Squid版)

Proxyサーバ squidで、広告ブロックを行う方法が次のサイトで紹介されていました。 Squid で広告避け(Computer Memorandum) Squid で hostsファイルを利用して広告ブロックする方式です。 原理的に、通信が暗号化される https のサイトでも、広告ブロックできます。 hosts…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more