テーマ:Windows

WindowsでVPN切断時に保護されていない状態での通信を回避するVPNキルスイッチ(Windowsファイアウォ…

VPNが切断された際に、ネットワークの通信自体を止めるVPNキルスイッチで、接続のブロックにWindowsファイアウォールを使用するバージョンです。 VPNキルスイッチについては、次の記事で紹介しています。 WindowsでVPN切断時に保護されていない状態での通信を回避するVPNキルスイッチ: パソコン鳥のブログ 上の記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハードディスクを廃棄する前に中身を消去する

納税記録のHDD流出がニュースになっていますね。 ハードディスクを廃棄する前に、自分で中身を消去する場合は、次の記事を見てください。 ハードディスクやUSBメモリ、SDカードのデータを安全に消去する: パソコン鳥のブログ ファイルを安全に消去する: パソコン鳥のブログ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL で WindowsStore 以外から Ubuntu18.04 をインストールする

WSL で WindowsStore 以外から Ubuntu18.04 をインストールする方法です。 WindowsStore から Ubuntu18.04 をインストールする場合、サイズが 610M ですが、本記事の方法で入れる場合は 250MBくらいと軽量です。 ただし、日本語環境などが入っていないので、必要な場合は自分で設定す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windows10で英語キーボードを日本語キーボードとして設定する場合に困ること

Windows10の設定で、英語キーボードを日本語キーボードとして使う場合に困る点です。 ・下の図で、赤丸の付いたキーが(物理的に)無い ・青丸の付いたキーは、別の場所になる(下の図では右上側に移る) 英語キーボードと、日本語キーボードでキーの数自体と配置が違うためですが、注意が必要です。 英語(US)キーボード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディストリビューション指定でのwsltty実行方法

WSLで便利なコンソール wsltty があります。 WSLのコンソールを便利で高機能な「wsltty」に置き換える:Tech TIPS - @IT WSL で複数のディストリビューションをインストールしている場合に、ディストリビューションを指定して実行するには、次のようにします。 XXXXXX はディストリビューシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LxRunOffline コマンドが「アクセスが拒否されました。」とエラーになる場合

下記記事で紹介した WSL 環境のコピーで、WSL起動に使う LxRunOffline がエラーになる場合の対処です。 WSL 環境のコピー: パソコン鳥のブログ .\LxRunOffline.exe run -n XXXXXX で起動しようとした場合、次の表示で実行できない場合です。 このディストリビューション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL でメニューからディストリビューションを起動する

WSL で複数のディストリビューションをインストールしていたり、下記記事で紹介した CentOS、WSLの場所を変更していた場合などに、手軽にメニューから選択して起動する方法です。 WSL で CentOS を使う: パソコン鳥のブログ WSL の場所を変更する: パソコン鳥のブログ WSL 環境のコピー: パソコン鳥のブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SSDへの換装手順と、エラーコード 0xc000000e で起動不可になった場合の対処

PCのHDDをSSDに換装する手順と、起動NG(エラーコード 0xc000000e)になった場合の対処方法です。 移行元HDDがブートモードGPT(EFDI)とかの場合でもOKです 事前準備 交換する SSD のサイズが、元のHDDの内容をコピーできるサイズか確認しておきます。 エクスプローラでドライブを右クリック-プロ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

WindowsでVPN切断時に保護されていない状態での通信を回避するVPNキルスイッチ

VPNキルスイッチとは? 通信を保護するために使うVPNですが、VPNの接続が切れても、元のネットワークで継続して通信は行えます。 しかし、VPNが切れたことに気づかないと、保護された通信(VPNの通信)のつもりが、いつの間にか、保護なしの通信(元のネットワークでの通信)をしていることになります。 そこで、VPNが切断された際に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL で CentOS を使う

WSL で CentOS7 を使う方法です。 WSL へ CentOSインストール 次の個所から CentOS.zip をダウンロードします。 https://github.com/yuk7/CentWSL/releases/latest CentOS.zip を展開すると、CentOS.exe と rootfs.t…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GoogleChrome の Software Reporter Tool をバージョンアップでも 半永久的に実行…

Windows を使っていると時々ファンの音が大きくなり、原因が Software Reporter Tool というツールによって、CPU使用率が高くなっていることだったりします。 この Software Reporter Tool は、Google Chrome の付属物で、ネットで色々調べてみた結果、止めても良く、止めるには中身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WiFi Analyzer を立ち上げているとネットが遅くなる

Windows10 で無線LANの信号強度をグラフで確認できる WiFi Analyzer と言うソフトがあります。 「WiFi Analyzer」無線LANの状況をビジュアル表示 - 窓の杜 これ、立ち上げたままだと、ネットワークの通信が遅くなりますね。 コマンドラインで ping実行していて気づきました。 信号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windowsサンドボックスを有効にすると VitrualBox で仮想マシンが起動できない

Windows10 May 2019 Update(バージョン1903)から導入されたWindowsサンドボックスを有効にすると、VitrualBoxで仮想マシン起動がエラーになります。 どうも、Windowsサンドボックスに必要な Hyper-Vに関する機能が影響している模様です。 Windows10上のVirtu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PowerShellスクリプトを楽に実行するバッチファイル

PowerShellスクリプトはエクスプローラからダブルクリックで実行できず不便なので、手軽に実行できるように手助けするバッチファイルです。 次の内容のバッチファイルを作成してください。 @echo off if exist %~dp0\%~n0.ps1 (  &nb…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL 環境のコピー

Windows Subsystem for Linux (WSL) 環境を、コピーする方法です。 WSL環境のコピー この後の手順で LxRunOffline.exe を使用します。 https://github.com/DDoSolitary/LxRunOffline/releases/latest にアクセスし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL の場所を変更する

Windows Subsystem for Linux (WSL) 環境を、インストール時の場所から変更する方法です。 注意事項 本記事の手順でWSL環境を別のディレクトリに変更した場合、 Windowsの機能でWSLのアンインストールをしてもインストール先が消えない。本記事の手順でアンインストールする WSL環境の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL環境のバックアップ・リストア、さらにハードリンクで容量節約

Windows Subsystem for Linux (WSL) の環境のバックアップ・リストア方法です。 Windows領域にバックアップをとります。バックアップ先のファイルシステムは NTFS であることが必要です。 バックアップはフルバックアップをとりますが、変更が無いファイルはハードリンクで保持するので、実質、差分バック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windows10 から WSL の領域へアクセスする

WSL から Windows へのアクセスは、パス /mnt/c を経由して行うことができました。 逆に Windows から WSL へは、May 2019 Update(バージョン 1903)からはエクスプローラからアクセスできるようになりました。 WSL起動している状態で、エクスプローラのアドレスバーで \\wsl$ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL で Windowsのディスク領域を Linuxディスク領域のように使う

WSL は、/mnt/c を経由して、Windowsの Cドライブへアクセスできます。 同様に Dドライブでは /mnt/d 等のようにアクセスします。 ただし、このマウント先はあくまでも Windowsのファイルフォーマットなので、Linux のパーミッション等は反映されません。 Linuxのディスク領域のように使うには、次のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL を再起動するには

Windows10 の Windows Subsystem for Linux(WSL) で、再起動相当のことをするには、コンソールウィンドウを閉じるだけでは出来ません。コンソールを閉じても、バックグラウンドタスクが動作したり(できたり)します。 管理者権限で、LxssManagerサービスを再起動すれば、Windows再起動無しに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PowerPoint2016 で大きいサイズのスライドでグリッド線表示したらスクロールが遅い

タイトルの件そのままですが、PowerPoint2016 で大きいサイズのスライドでグリッド線表示している場合、画面スクロールがすごく遅くなりました。 これ、A3位のサイズではならないのですが、例えば縦1m位のサイズだと発生します。 スライドに何も書いていない、真っ白な状態でも発生します。 対処は、表示-グリッド をオフに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windows10の従量制課金接続をONにした時のWindowsUpdateの挙動

スマホ経由でネットにつなぐテザリングで、Windows10をつなげている場合、大量のデータ通信を伴う WindowsUpdateが実行されるのは避けたいものです。 そこで、そのような通信を行わないようにする、「従量制課金接続」の設定方法と、ONにした場合の挙動についてです。 次のページの手順で設定します。 なお、従量制課金…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

モバイルホットスポットをスクリプトからONにする

下記記事で紹介したモバイルホットスポットは、一定時間無線通信が無いと、オフになってしまいます。 OFFになっていたら、ONにするスクリプト見つけました。 Windows10ノートパソコンをOS標準機能で無線LANアクセスポイントにする 次のページにありました。 https://superuser.com/que…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WSL の Ubuntu18.04 で日本語入力

WWindows10 の WSL(Windows Subsystem for Linux) の Ubuntu18.04 で日本語入力する設定です。 Windows上でXサーバーの導入 Xサーバー VcXsrv を下記記事の手順の「インストール」「実行」を実施します。 WindowsでリモートのLinuxのGUIアプリを表示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドコモのガラケーのメールをスマホにコピーする

ドコモのガラケーのメールを、スマホのドコモメールにコピーする手順です。 以降の手順に沿って作業します。 ガラケーのメールをPCへ移す ドコモケータイdatalink(データリンク)というソフトを使います。 ただし、このソフト、現在は提供が終了しています。 入手について、次の記事を参照して下さい。 提供が終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファイルを開くダイアログで表示される履歴を削除する

ファイルを開くダイアログで、ファイル名の個所のドロップダウンリストで、ファイルの履歴が出てきますが、この履歴を削除する方法です。 レジストリ操作を伴います。 まず、レジストリエディタ regedt32 を次の手順で起動します。 ・Windows7 タスクバーの何もない個所を右クリックし、メニューから[タスクマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己署名証明書でエラーがでないようにサーバー証明書をWindowsにインストールする

https を使えるように、WEBサーバで自己署名証明書を使うと、次のように「NET::ERR_CERT_AUTHORITY_INVALID」エラーになります。 [詳細設定] を押して、[XXXX にアクセスする(安全ではありません)] とたどれば、一応 https でアクセスできますが、ブラウザのURLバーで「保護されていない通信」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more