Fire TV Stick を第2世代から第3世代に買い換えたらサクサク動いて快適

Fire TV Stick を第2世代(2016年9月~)から、第3世代(2020年9月~)に買い換えたら、かなりサクサク動いて快適になりました。




ホーム画面でのリモコンで移動や、アプリの起動など、買い替え前の第2世代はもっさりしていたのですが、買い換えた第3世代では、かなりサクサク快適に動くようになりました。

旧モデルから買い替えるほどでないとのレビューも散見されますが、あきらかに第3世代の方がサクサク快適に動いています。
何か違いがあるのでしょうか・・・


また、リモコンの使い勝手は大きく良くなりました。
テレビの音量調節ボタン、ミュートボタンがついていて、テレビのリモコンに持ち替えずに音量調節できるのが、かなり便利ですね。

それと、第3世代の方はちょっとリモコンが短くなっています。
下の写真の左が第2世代、右が第3世代ですが、第3世代の方が1cmくらい短くなっています。

DSC_0369.jpg


また、今回第3世代に変えてから、REGZA にブロックノイズがのる対策(下記記事)でつけていたHDMIの延長ケーブルは使わず、付属のケーブルだけで使っていますが、問題無く使えています。


Amazon Fire TV Stick で REGZA にブロックノイズが出る ~ 完全解決: パソコン鳥のブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント