パソコンの音楽をDLNA対応オーディオで聴く場合の、Windows10での設定

Windows10 の Windows Media Player で再生した音楽を、DLNA対応オーディオや、Bluetoothスピーカに接続したRaspberryPiで聴くための設定です。

DLNA対応オーディオで聴く場合は、下記記事の「DMS:Windows7以降のパソコン」の箇所は、本記事の内容で設定します。

スマホやパソコンの音楽をDLNA対応オーディオで聴く: パソコン鳥のブログ


Bluetoothスピーカに接続したRaspberryPiで聴く場合は、下記記事の「foobar2000 での設定」の箇所は、本記事の内容で設定します。

RaspberryPi4とBluetoothスピーカーをペアリングさせて、複数台のPCから使えるDLNA対応オーディオにする: パソコン鳥のブログ
foobar2000 で リモートのRaspberryPi 経由でサウンド再生する: パソコン鳥のブログ


Windows10のパソコンを DMS として使用する為の設定


Windows Media Player を起動し、上部の[ストリーム]メニューで「メディアストリーミングを有効にする」を選択します。

次の画面になるので、「メディアストリーミングを有効にする」を押します。

ss001.png

次の画面でOKを押します

ss002.png

これで準備は完了です。


Windows Media Player での再生方法


Windows Media Player を起動後、リスト ウィンドウに再生したい曲をドラッグします。
リスト ウィンドウ領域が表示されていない場合は、「再生」タブをクリックすると表示されます。

画像



曲をドラッグするとリストに追加されます。

画像



リスト ウィンドウ上部の 画像 が押せるようになるので押します。

再生可能な、リモートオーディオがリストで出るので、選択します。

画像


下記記事で RaspberryPiを設定している場合は、リストに UpMpd が表示されるので、それを選択します。

RaspberryPi4とBluetoothスピーカーをペアリングさせて、複数台のPCから使えるDLNA対応オーディオにする: パソコン鳥のブログ
foobar2000 で リモートのRaspberryPi 経由でサウンド再生する: パソコン鳥のブログ


「リモート再生」画面が出て、指定したリモートオーディオで再生されます。

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント