CentOS のパッケージアップデートで再起動が必要かチェックする方法

CentOS のパッケージアップデート実行で、システムの再起動が必要か確認するコマンドについて。

yum update / dnf upgrade 後に needs-restarting を実行します。
(needs-restartingコマンドは yum-utilsパッケージのインストールで入ります)

needs-restarting -r


-r オプションをつけると、システム再起動が必要かどうかを出力します。
コマンドの戻り値は、システム再起動が必要な場合は 1 、不要な場合は 0 です。

システム再起動が必要な場合の表示は、次のようなものになります。

#needs-restarting -r
Core libraries or services have been updated:
  kernel -> 3.10.0-1127.19.1.el7

Reboot is required to ensure that your system benefits from these updates.

More information:
https://access.redhat.com/solutions/27943


システム再起動が不要な場合です。

#needs-restarting -r
No core libraries or services have been updated.
Reboot is probably not necessary.



needs-restarting -s


-s オプションをつけると、再起動が必要なsystemdサービスを表示します。
コマンドの戻り値は、対象サービスの有無に関わらず 0 です。

対象サービスがある場合の表示は、次のような感じです。
対象サービスが無い場合は、何も表示しません。

#needs-restarting -s
NetworkManager.service
snmpd.service
sshd.service
gdm.service



needs-restarting


何もオプションをつけないと、再起動が必要なプロセス一覧を表示します。
コマンドの戻り値は、対象プロセスの有無に関わらず 0 です。

対象プロセスがある場合の表示は、次のような感じです。
対象プロセスが無い場合は、何も表示しません。

#needs-restarting
20689 : /usr/lib64/firefox/firefox -contentproc -childID 2 -isForBrowser -prefsLen 1 -prefMapSize 184382 -parentBuildID 20200806164622 -greomni /usr/lib64/firefox/omni.ja -appomni /usr/lib64/firefox/browser/omni.ja -appdir /usr/lib64/firefox/browser 20268 tab
21267 : /usr/lib64/firefox/firefox -contentproc -childID 6 -isForBrowser -prefsLen 9779 -prefMapSize 184382 -parentBuildID 20200806164622 -greomni /usr/lib64/firefox/omni.ja -appomni /usr/lib64/firefox/browser/omni.ja -appdir /usr/lib64/firefox/browser 20268 tab





参考


CentOS Linux 8 でのセキュリティアップデート方法 - Qiita
Linuxでパッケージアップデート後に再起動が必要なプロセスを確認する方法 – すこぶる.net
CentOS7でパッケージ更新時に再起動が必要かを確認する方法(needs-restarting) | 4thsight.xyz
Linuxのパッケージをアップデートしたあとrestartが必要なプロセスを見つける方法 - Qiita


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント