CentOS/Ubuntu でスワップ領域としてファイルを使用する

スワップ領域を大きくしたい場合に、スワップパーティションを切りなおさずに、ファイルをスワップ領域として使用する方法です。


スワップ領域をファイルとして用意します。
以下の例では、1024 x 1048576 Bytes = 1GBytes のファイルを用意しています。


dd if=/dev/zero of=/swapfile bs=1024 count=1048576
mkswap /swapfile
chmod 0600 /swapfile



/etc/fstab に、スワップファイルを使用する設定を追加します。

/etc/fstab

/swapfile swap swap defaults 0 0


これで、再起動後に有効になります。

再起動なしに有効にするには、下記を実行します。


systemctl daemon-reload
swapon /swapfile




参考


10.3. スワップ領域の追加 Red Hat Enterprise Linux 8 | Red Hat Customer Portal

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント