curl でWEB上のファイルが更新されていたらダウンロードする

ファイルをダウンロードするコマンド curl が、Windows10にも標準で実装されるようになりました。
この curl で、WEB上のファイルが更新されていたらダウンロードする書式です。

次のように実行します。


curl -z XXXXX -R -o XXXXX https://yyyyy


-o オプションでダウンロードしたファイルを保存する際のファイル名を指定します。
-z オプションをつけると、指定したファイルと更新日時を比較し、リモートの方が新しい場合、ダウンロードします。
-R オプションをつけると、ダウンロードしたファイルの更新日時が、ダウンロード元サーバー上と同じになります。


-o と -z オプションでファイル名を同じにしておくと、前回保存(ダウンロード)したファイルの更新日時と、リモートを更新日時を比較できます。
また、ダウンロードしたファイルの更新日時を、ダウンロード元と同じにするため、-Rオプションをつけておきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント