Windowsでポート転送

Windowsでのポート転送です。
次のコマンドを管理者権限のコマンドプロンプトやPowerShellで実行します。
使用するIPアドレスが IPv4,IPv6 かによって、以下の v4tov4 を v4tov4 , v4tov6 , v6tov4 , v6tov6 に置き換えてください。

登録



netsh interface portproxy add v4tov4 listenport=転送元ポート番号 listenaddr=転送元アドレス connectport=転送先ポート番号 connectaddress=転送先アドレス

転送元アドレスは、自PCのIPアドレスですね。
複数IPアドレスを意図して使い分けていない場合は、0.0.0.0 を指定でOKです。


削除



netsh interface portproxy delete v4tov4 listenport=転送元ポート番号 listenaddr=転送元アドレス

登録時に指定した転送元ポート番号、転送元アドレスを指定します。
転送元ポート番号、転送元アドレスは、次の[確認]の項目のコマンドで確認できます。


確認



netsh interface portproxy show all


次のように、登録されているエントリ一覧が表示されます。

ipv4 をリッスンする:         ipv4 に接続する:

Address         Port        Address         Port
--------------- ----------  --------------- ----------
192.168.1.54    31080       192.168.1.210   8080
0.0.0.0         80          192.168.1.211   80

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント