SSHサーバをHTTPプロキシのように使うダイナミックポートフォワーディングのTera Term での設定方法

SSHサーバをHTTPプロキシのように使う、ダイナミックポートフォワーディングの Tera Term での設定方法です。

ダイナミックポートフォワーディングは便利: パソコン鳥のブログ


なお、Tera Term は、2020年6月11日時点の最新版バージョン 4.105 や、4.104 では、動作時にブラウザからHTTPプロキシとしてアクセスすると、次のダイアログが出て、強制終了します。
バージョン 4.103 が問題なく動作しますので、次の箇所から取得してください。

https://ja.osdn.net/projects/ttssh2/releases/


TeraTermでダイナミックポートフォワーディング_0.png


では、ダイナミックポートフォワーディングの設定方法です。

Tera Term 起動後、メニューで、設定 - SSH転送 を選択します。

次のダイアログが出るので、[追加]を押します。

TeraTermでダイナミックポートフォワーディング_1.png


ダイナミックポートを選択し、赤枠の箇所に、ポート番号を入力します。
ここで指定するポート番号は、プロキシサーバーを指定する際の、ポート番号になります。
ここでは、例として 40080 を指定します。
設定したら [OK]を押します。

TeraTermでダイナミックポートフォワーディング_2.png


"ポート転送" の箇所に追加されました。
[OK]を押します。

TeraTermでダイナミックポートフォワーディング_3.png


後は、SSHサーバーに接続してください。


接続後、ブラウザでプロキシサーバーの設定をする際は、サーバーのアドレスを 127.0.0.1、ポート番号は先の手順で設定したポート番号を指定して下さい。


以上の設定で、ダイナミックポートフォワーディングを使って、SSHサーバをHTTPプロキシのように使え、各ブラウザでのWEBへ接続はSSHサーバから行われているように見えます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント