Linuxマシンを無線APにする create_ap が時々つながらなくなる

Linuxマシンを無線LANアクセスポイントにする create_ap があります。

GitHub - oblique/create_ap: This script creates a NATed or Bridged WiFi Access Point.

この create_ap を Ubuntu18.04上で動作させた無線LANのアクセスポイントが、時々接続できなくなります。

どうも、つなげていたPCが Windows10の場合に、それがスリープに入ると、その後、他のクライアントは create_ap のアクセスポイントに接続できなくなるようです。
Windows10以外もつなげる場合に不便で、回避方法って無いのでしょうか・・


ちなみに、Windows10を無線LANのAPにする場合は、次の記事をみてください。

Windows10ノートパソコンをOS標準機能で無線LANアクセスポイントにする: パソコン鳥のブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント