LxRunOffline コマンドが「アクセスが拒否されました。」とエラーになる場合

下記記事で紹介した WSL 環境のコピーで、WSL起動に使う LxRunOffline がエラーになる場合の対処です。

WSL 環境のコピー: パソコン鳥のブログ

.\LxRunOffline.exe run -n XXXXXX で起動しようとした場合、次の表示で実行できない場合です。


このディストリビューションの Linux ファイル システム用 Windows サブシステムのワンタイム アップグレードを実行しています...
アクセスが拒否されました。



管理者権限のコマンドプロンプトから .\LxRunOffline.exe run -n XXXXXX を実行します。
下記表示が出ます。


このディストリビューションの Linux ファイル システム用 Windows サブシステムのワンタイム アップグレードを実行しています...


この後、通常のコマンドプロンプトから .\LxRunOffline.exe run -n XXXXXX をすると、今度は起動OKになっています。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント