オレオレ証明書で複数IPアドレスを指定する場合

自己署名サーバ証明書(いわゆるオレオレ証明書)で複数PCのIPアドレスに対応させる場合、ワイルドカードやCIDRでは指定できません。
個別に1個1個書く必要があります。

tls - IP range in SSL subject alternative name - Information Security Stack Exchange


下記の証明書作成の例では、IPアドレスが1個です。

オレオレ証明書をIPアドレスで作成する: パソコン鳥のブログ

複数指定したい場合は、次のように1つずつ列挙する必要があります。


subjectAltName=IP:192.168.0.1,IP:192.168.0.2,IP:192.168.0.3


なお、ホスト名の場合は、ワイルドカード(*)が使えます

OpenSSLで自己署名証明書を作成する(複数ホスト名:SAN/Subject Alternative Name設定付き) - CLOVER

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント