WSL 環境のコピー

Windows Subsystem for Linux (WSL) 環境を、コピーする方法です。

WSL環境のコピー



この後の手順で LxRunOffline.exe を使用します。

https://github.com/DDoSolitary/LxRunOffline/releases/latest
にアクセスし、LxRunOffline-vXXXX.zip をダウンロード(XXXX部分はバージョンによる)・展開すると、LxRunOffline.exe があります。

PowerShell を開き、LxRunOffline.exe があるディレクトリに移動します。

コピー元のディストリビューション名を確認します。

.\LxRunOffline.exe list と実行すると、ディストリビューション名が表示されます。
この例では、Ubuntu-18.04 です。


PS C:\LxRunOffline-v3.4.0> .\LxRunOffline.exe list
Ubuntu-18.04


ここで表示されたディストリビューション名を、以降のコマンド中で指定します

コピーは、次の書式でコマンドを実行します。


.\LxRunOffline.exe d -n <コピー元ディストリビューション名> -d <コピー先ディレクトリ> -N <コピー先名称>


<コピー先名称>は、既存のものと被らない名称を自由につけます。

重大な注意:コピー先ディレクトリは、コピー先専用のディレクトリを指定します。
既に他の用途で使っているディレクトリを絶対に指定しないでください。
アンインストール時に、ここで指定した<コピー先ディレクトリ>が削除されます。



例えば次のようにすると、Ubuntu-18.04 の名称を Ubuntu-18.04_copy にし、場所を d:\wsl\Ubuntu-18.04_copy にします。


.\LxRunOffline.exe d -n Ubuntu-18.04 -d d:\wsl\Ubuntu-18.04_copy -N Ubuntu-18.04_copy


コピーしたWSL環境を起動するには、次の書式でコマンドを実行します。


.\LxRunOffline.exe run -n <起動するディストリビューション名>


毎回PowerShellから実行するのが面倒な場合は、LxRunOffline.exe があるディレクトリに次のようにバッチファイルを作成します。
エクスプローラからダブルクリックで起動します。

exec.bat

@echo off
LxRunOffline.exe run -n ubuntu18.04_copy



コピーしたWSL環境のアンインストール


まず、WSLのバックグラウンドプロセスが無いように、WSLを再起動しておきます。
次の記事の手順です。

WSL を再起動するには: パソコン鳥のブログ

次のコマンドでアンインストールします。
-n でディストリビューション名を指定します。


.\LxRunOffline.exe ui -n Ubuntu-18.04


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント