Windows10の従量制課金接続をONにした時のWindowsUpdateの挙動

スマホ経由でネットにつなぐテザリングで、Windows10をつなげている場合、大量のデータ通信を伴う WindowsUpdateが実行されるのは避けたいものです。
そこで、そのような通信を行わないようにする、「従量制課金接続」の設定方法と、ONにした場合の挙動についてです。


次のページの手順で設定します。
なお、従量制課金接続は WiFi だけでは無く、有線LANの接続でもセットできます。

Windows 10 での従量制課金接続


この従量制課金接続をONにした場合、WindowsUpdate は次のような挙動となり、大量の通信は行われません。


・更新のダウンロードは自動的には行われません
・従量制課金接続をONにする前に始まっていたダウンロードは、ONにすると停止します。
・手動で更新プログラムのチェックを行った場合、下の画像のように「ダウンロード」ボタンが出ます。
これを押すと、手動でダウンロードできます。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック