Fire TV のアプリをリモートから起動する

事前に、Fire TV (stick) のメイン画面で [設定] - [端末] - [開発者オプション] の順に選択し、[ADBデバッグ] を有効にしておきます。
次に [設定] - [端末] - [バージョン情報] - [ネットワーク] で、表示された IPアドレスをメモします。


ここからは、 PC での作業です。
はじめに adbコマンドを用意します。



Fire TV に接続します。


adb kill-server

adb start-server
Linuxでエラーが出る場合は
sudo adb start-server

adb connect FireTVのIPアドレス


FireTV にインストール済みのパッケージ名を取得します。
list.txt に出力されます。


adb shell pm list package > list.txt


list.txt の内容は以下のように、package: に続けてパッケージが列挙されています。


package:com.amazon.tv.resolutioncycler
package:com.amazon.recess
package:com.amazon.platform.fdrw
package:com.amazon.ssmsys
package:com.amazon.tv.ime
package:com.amazon.whisperplay.contracts
package:com.android.providers.media
package:com.amazon.venezia
   :
   


パッケージ一覧(list.txt)から、実行したいアプリのパッケージ名を探します。
アプリ名の一部などで検索してみて下さい。

Amazon Music は、com.amazon.bueller.music でした。


パッケージ名がわかったら、「adb shell pm dump パッケージ名」で詳細情報を取得します。
Amazon Music の場合は、次のようにします。
また、この例では dump.txt に出力されるようにしています。


adb shell pm dump com.amazon.bueller.music > dump.txt


出力結果(dump.txt)から、android.intent.action.MAIN: 行の個所を探します。
そこには、「アプリのパッケージ名/アプリのプライマリアクティビティ名」の書式で出力されています。
後でこれを指定してアプリを起動します。
Amazon Music の場合は、次のようになっています。


android.intent.action.MAIN:
1691c9f2 com.amazon.bueller.music/com.amazon.music.bootstrap.BootstrapActivity


アプリの起動は、次の書式で実行します。

adb shell am start -n アプリのパッケージ名/アプリのプライマリアクティビティ名


Amazon Music の場合は、次を実行すると、FireTV上で起動します。


adb shell am start -n com.amazon.bueller.music/com.amazon.music.bootstrap.BootstrapActivity


このようにして、リモートからFireTV上でアプリを実行させることが出来ます。


参考


アプリのインストールと実行 | Amazon Fire TV
package名のみからadb shell am start -nする




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック