CentOSでスマホ用広告ブロックプロキシを立てる

Privoxy はフィルタリング機能を持ったWEB用プロキシで、Privoxy を通すことでWEBページの内容を修正してブラウザに表示させることができます。
この Privoxy にモバイル広告ブロッカーのフィルタを設定し、サーバ上で動作させ、スマホで利用できるようにします。

ここでは、モバイル広告ブロッカーのフィルタとして 280blocker を利用します。

以下、サーバでの作業と、スマホでの作業です。
なお、ここではサーバは CentOS6 で説明します。


サーバでの作業


以下、root で作業します。

Privoxy をインストールします。


yum install privoxy


280blockerの広告ブロック定義を、Privoxy 用のフィルタに変換するツールを用意します。
次の手順で実行します。

http://projects.zubr.me/wiki/adblock2privoxyDownloads
の x64 RPM binary packages ~ の個所から CentOS6用をダウンロードします。

2018年5月8日時点では、1.4.2 が最新ですね。

ダウンロードしたパッケージをインストールします。


rpm -ivh adblock2privoxy-1.4.2-1.el6.x86_64.rpm


280blockerの広告ブロック定義を、Privoxy 用のフィルタに変換します。
2019.12.14
adblock2privoxy で URLを直接指定するとエラーが出るようになっていたので、下記を修正しました



curl https://280blocker.net/files/280blocker_adblock.txt > 280blocker_adblock.txt
adblock2privoxy -p /etc/privoxy -t 280.task 280blocker_adblock.txt
adblock2privoxy -p /etc/privoxy -t 280.task https://280blocker.net/files/280blocker_adblock.txt


/etc/privoxy/ に次のファイルができます。

ab2p.system.action
ab2p.action
ab2p.system.filter
ab2p.filter


/etc/privoxy/config に下記行を追加します。


actionsfile ab2p.system.action
actionsfile ab2p.action
filterfile ab2p.system.filter
filterfile ab2p.filter


Privoxy を再起動します。


/etc/init.d/privoxy restart


これで Privoxy の準備は出来ました。

Privoxy への接続は、デフォルトでは、TCP の 8118番ポートへ行われます。
ファイアウォールで許可するようにして下さい。



スマホでの作業


設定 - 無線とネットワーク - その他の設定 または もっと見る をタップします。
続けて、モバイルネットワーク - アクセスポイント名 をタップします。

アクセスポイント一覧が出るので選択します。

「プロキシ」にサーバのアドレスを設定します。
「ポート」に 8118 を設定します。


これで、スマホからアクセスした際に、モバイル広告ブロッカーが適用されます。


参考


Privoxyで280広告ブロッカーを使う | web net FORCE

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック