CentOS7標準より新しいバージョンのRubyをインストールする

CentOS7 ではインストールできる Ruby のバージョンがデフォルトでは 2.0.0 と古いので、新しいバージョンを入れる手順です。

SCLリポジトリを設定して Ruby をインストールします。

SCLリポジトリでは、Red Hat Software Collectionsで提供される、デフォルトリポジトリより新しいパッケージをインストールできます。

第8章 Red Hat Software Collections
Red Hat Enterprise Linux のベースシステムに含まれているものと同等の関連パッケージバージョンよりも最新のもの、またはこのシステムで初めて利用可能となるパッケージを提供します。


SCLリポジトリを追加します。


yum install centos-release-scl-rh


通常はSCLリポジトリを無効化しておきます。
必要時にSCLリポジトリを指定してパッケージをインストールします。

/etc/yum.repos.d/CentOS-SCLo-scl-rh.repo

変更前)enabled = 1
変更後)enabled = 0



SCLリポジトリから Rubyをインストールします。
SCLを有効にするために、--enablerepo=centos-sclo-rh オプションを yum で指定します。
SCLリポジトリでは、Rubyパッケージ名の先頭に rh- を付けます。
例えば、下記ではruby2.4をインストールします。


yum --enablerepo=centos-sclo-rh install rh-ruby24


インストールしただけでは、パスが通っていないので、次のコマンドを実行します。
次回ログインから、ruby にパスが通るようになります。


ln -s /opt/rh/rh-ruby24/enable /etc/profile.d/rh-ruby24.sh


これで、新しいバージョンのRubyが使用できるようになりました。


参考


CentOSで、本番環境にRubyを入れるならrbenvではなく、RHSCLがよさげ - Qiita

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック