CentOS6/7でEPELリポジトリを利用する設定

CentOS6/7でEPELリポジトリを利用する設定です。
EPEL リポジトリとは、CentOS の外部リポジトリで、標準では用意されていないパッケージを利用することが出来ます。

なお、以前CentOS6で下記記事で手順を紹介しましたが、現在は本記事のように導入が yum でのインストール実施のみでOKになっています。

CentOS6でEPEL リポジトリを利用する設定 パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ


導入は次の手順で行います。

yum install epel-release.noarch


これで EPELリポジトリが使用できるようになりました。

なお、EPEPリポジトリからパッケージを初回インストール時に、下記のような表示が出ますが、y を押します。

警告: /var/cache/yum/x86_64/7/epel/packages/hddtemp-0.3-0.31.beta15.el7.x86_64.rpm: ヘッダー V3 RSA/SHA256 Signature、鍵 ID 352c64e5: NOKEY
file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-7 から鍵を取得中です。
Importing GPG key 0x352C64E5:
Userid : "Fedora EPEL (7) "
Fingerprint: 91e9 7d7c 4a5e 96f1 7f3e 888f 6a2f aea2 352c 64e5
Package : epel-release-7-6.noarch (@extras)
From : /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-7
上記の処理を行います。よろしいでしょうか? [y/N]




以降は、EPELを普段は使用しないように無効化する場合の手順です。
yum で明示的に指定しない限り、 EPEL からパッケージが導入されることはありません。

/etc/yum.repos.d/epel.repo

変更前)enabled = 1
変更後)enabled = 0



EPELリポジトリを使用するときのみ、yum の enablerepoオプションで指定します。

例) yum --enablerepo=epel install syslog-ng



アップデートも同様です。


yum update --enablerepo=epel



以上、CentOS6/7でEPEL リポジトリを利用する設定でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • LinuxでHDDの温度を確認する

    Excerpt: Linux(CentOS,Ubuntu)で HDDの温度を確認する方法です。 smatctrl コマンドを使う方法と、hddtempコマンドを使う方法です。 Weblog: パソコン鳥のブログ racked: 2016-09-21 23:40
  • apacheでBasic認証をLixnuxアカウントでおこなう

    Excerpt: Apache が動作している Linux のユーザアカウントで Basic認証する方法です。 なお、Digest認証には対応していません。 CentOS6/7,Ubuntu14.04の場合です。 Weblog: パソコン鳥のブログ racked: 2017-03-07 22:54
  • VPN(L2TP/IPsec)サーバの設定

    Excerpt: VPN(L2TP/IPsec)サーバの構築方法です。 OpenVPN の場合は、次の記事です。 Weblog: パソコン鳥のブログ racked: 2018-03-27 20:48