OpenVPNで通信が遅い場合

OpenVPNで通信が遅い場合、次の設定をして下さい。
特に、samba では以下が無いと、アクセスがかなり遅くなります。

サーバ側の設定


以下で行った設定に加えて、オプションを追加します。
proto udp と指定されていることが必要です。

OpenVPNで ID/パスワード認証する パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ

/etc/openvpn/server.conf

fragment 1280
mssfix 1280
link-mtu 1400




クライアント側の設定


以下で行った設定に加えて、オプションを追加します。

OpenVPNで ID/パスワード認証する為のクライアントの設定方法 パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ


vpnux Client の場合

「プロファイルの編集」の詳細設定画面で、下記の値を設定します。
また、「プロファイルの編集」の一般設定画面のプロトコルで UDP が指定されていることが必要です。

Link MTU : 1400
フラグメント : 1280
mssfix : 1280


OpenVPN の場合

下記の値を設定します。
また、proto udp と指定されていることが必要です。

C:\Program Files\OpenVPN\config\client.ovpn

fragment 1280
mssfix 1280
link-mtu 1400




以上、OpenVPNで通信が遅い場合の設定です。

ネットワーク上を流れるパケットは、MTU と呼ばれる一定サイズに分割されています。
OpenVPN では、このパケットに加えて、OpenVPN用のヘッダーが付加されます。

ところが、OpenVPN用のヘッダーが付いたパケットのサイズが MTU を超える為、通信効率が悪くなります。
そこで、パケットサイズ+OpenVPN用のヘッダーサイズが MTU を超えない様に設定しているのが、先述の設定です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • OpenVPNの設定(通信をVPNサーバ経由にする設定も)

    Excerpt: OpenVPNの設定です。 以前にOpenVPNの設定について説明しましたが、現在、パソコン鳥の管理しているサーバの設定内容です。 また、クライアントのネット接続が、OpenVPNサーバを経由する.. Weblog: パソコン鳥のブログ racked: 2017-05-29 21:48