SQLiteはディレクトリにも書き込み権限が無いとダメ

PHPのプログラムで、fputs でのファイル更新は出来るのに、SQLiteでデータベース更新が unable to open database file エラーで出来ませんでした。

これは下記ページで解決しました。
SQLiteは、データベースファイルへの書き込み権限だけでは無く、ディレクトリにも書き込み権限が無いとダメなんですね。
ジャーナルファイルを作成・削除するので、ディレクトリにも書き込み権限が必要とのこと。

PHPでSQLiteに書き込もうとしてGeneral error: 14 unable to open database file が出たときの対処


確かに、SQLite ではトランザクション中では、データベース名-journal というファイルが作成され、COMMIT 時にそのファイルが消えます。
よく考えればディレクトリにも書き込み権限が必要なのは当たり前でしたね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • SQLiteを用意する

    Excerpt: SQLiteを用意する【更新】レイアウト改善 Weblog: ぱふぅ家のホームページ racked: 2015-12-02 16:46