Windows で使用できるフリーの Perl実行環境 Strawberry Perl

Windows で使用できるフリーの Perl実行環境、Strawberry Perl です。
Strawberry Perl のサイトのイチゴの画像の下あたりに、「“When I’m on Windows, I use Strawberry Perl” ― Larry Wall」と書いてあり、Perlの開発者ラリー・ウォールも Strawberry Perl を使用しているようです。

Strawberry Perl for Windows

上記サイトの「Recommended version」の箇所からダウンロードします。


パソコン鳥は以前 ActivePerl を使っていましたが、ここ数年で Strawberry Perl に乗り換えました。

ActivePerl - 窓の杜ライブラリ


Strawberry Perl では CPAN もすぐに使うことが出来ます。
CPANでのモジュールインストールで必要とされる、gcc等のコンパイル環境も Strawberry Perl に含まれています。

Strawberry Perl インストール後、コマンドラインから

cpan Web::Scraper

のようにしてモジュールを導入できます。

またはコマンドラインで cpan を起動後、install に続けてモジュール名を指定してインストールします。

c:\strawberry-perl-5.20.2.1>cpan

cpan shell -- CPAN exploration and modules installation (v2.05)
Enter 'h' for help.


cpan>install Web::Scraper



なお、Strawberry Perl にはインストール不要のポータブル版もあります。
下記から PortableZIP edition を指定してダウンロード・展開します。

Strawberry Perl for Windows - Releases


展開したディレクトリがポータブル環境です。
ポータブル版では、このディレクトリ下の portableshell.bat を実行すると、Perl実行環境へのパスが設定されたコマンドプロンプトが開きます。
このポータブル環境下では、CPAN で導入したモジュールは portableshell.bat が存在するディレクトリ下に保存されます。




以上、Windows で使用できる Perl実行環境、Strawberry Perl の紹介でした。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック