Windows用Xサーバ Cygwin/X

Cygwin の Xサーバを簡単に利用できるように、ダウンロードと設定を自動で行うインストールスクリプトと、性能測定です。

以前 Windows用のXサーバ Xming を紹介しましたが、無料で入手できるパブリックドメイン版は 2007年5月の更新が最後となっています。

WindowsでリモートのLinuxのGUIアプリを表示させる-Xサーバ Xming パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ

現在アクティブに更新されている Cygwin にも Xサーバがあります。
そこで、Cygwin の Xサーバを簡単に利用できるように、ダウンロードと設定を自動で行うインストールスクリプトを用意しました。

また、Xming と Cygwin版Xサーバで性能測定も行いました。
結論から言うと、Cygwin の Xサーバの方が性能が良かったので、是非導入してみて下さい。


2016.7.10 日本語入力設定を追記しました
2016.9.18 「Xサーバのインストール」「Xサーバの実行」について更新しました

Xサーバのインストール


2016.9.18 変更
http://vogel.dip.jp/pub/files/setup_XWin.zip をダウンロード・展開して下さい。
http://vogel.dip.jp/pub/files/setup_XWin_20160918.zip をダウンロード・展開して下さい。
対応Windowsバージョンは、Windows7/8.1/10になります。
Vistaでは実行できません。

展開後、install_XWin(.bat)を実行して下さい。
「エラー:管理者として実行して下さい」と表示された場合は、エクスプローラで install_XWin(.bat)を右クリックして、「管理者として実行」を選んで実行して下さい。。

実行すると、自動的に Cygwin のサイトから setup-x86_64(64bit環境の場合)、または setup-x86(32bit環境の場合) をダウンロードした後、インストールが開始されます。

下の表示が出ればインストールは終了です。


インストールは成功しました
何かキーを押して完了して下さい


インストール先は C:\cygwin64(64bit環境の場合)、または C:\cygwin(32bit環境の場合)です。
またファイルダウンロード領域として C:\cygwin64_package(64bit環境の場合)、または C:\cygwin_package(32bit環境の場合)も作成されます。


なお、下記記事で紹介した bash や sshサーバと共存出来ますので、後からのXサーバのインストールは問題ありません。
同様に Xサーバインストール後に bash や sshサーバもインストール出来ます。

Windows で bash や sshサーバを利用する パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ



Xサーバの実行


XWin.bat を実行して下さい。
インストール先の bin\XWin.exe を下記オプションで実行します。
2016.9.18 変更

XWin.exe :0 -clipboard -multiwindow -dpi 100
XWin.exe :0 -clipboard -multiwindow -dpi 100 -listen tcp


実行すると、タスクトレイに Xアイコンが表示されます。



クライアントの実行


ターミナルエミュレーター Tera Term や PuTTY から実行する場合の設定は、下記の記事を参照して下さい。

WindowsでリモートのLinuxのGUIアプリを表示させる-Xサーバ Xming パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ
ターミナルエミュレーター PuTTY(日本語版) パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ



日本語入力設定(2016.7.10追記)


日本語入力を行うには、次の記事を参照して設定して下さい。
Windows用Xサーバ での日本語入力設定 パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ



Xサーバのアンインストール


アンインストール用のスクリプトはありません。
インストール先ディレクトリを手動で削除して下さい。



Xサーバの性能


Xming と比較した場合の性能を測定しました。

Xサーバ側は Windows7 64bit、クライアントは Ubuntu14 64bitで、クライアントで x11perf を下記のように実行して測定しました。


$ x11perf -repeat 5 -rect500 -f14text16 -copypixwin500 -putimage500 > xming.x11perf.dat
$ x11perf -repeat 5 -rect500 -f14text16 -copypixwin500 -putimage500 > cygwin.x11perf.dat


結果は以下となります。
左側(1)が Xming、右側(2)が Cygwin版Xサーバのスコアです。
値が大きいほど良い結果で、Cygwin版Xサーバの方が性能がいいことがわかります。


$ x11perfcomp xming.x11perf.dat cygwin.x11perf.dat
1: xming.x11perf.dat
2: cygwin.x11perf.dat

1 2 Operation
-------- -------- ---------
20400.0 24900.0 500x500 rectangle
1600000.0 1580000.0 Char16 in 40-char line (k14)
12900.0 15200.0 Copy 500x500 from pixmap to window
45.7 47.8 PutImage 500x500 square




以上、Cygwin の Xサーバについてでした。


参考


Setting Up Cygwin/X
coLinuxとXサーバーのベンチマーク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック