パソコン鳥のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS pingの結果の「宛先ホストに到達できません」「要求がタイムアウトしました」の違い

<<   作成日時 : 2018/04/04 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Windowsでpingを実行し、結果が「宛先ホストに到達できません」「要求がタイムアウトしました」となることがあります。
何が違うのか、原因の調べ方です。


pingの送信元と宛先が同じネットワークセグメントの場合



「宛先ホストに到達できません」の場合


そのIPアドレスを持つPCが存在していません。
PCのファイアウォールの設定ミスでは無く、存在自体していません。

「要求がタイムアウトしました」の場合


そのIPアドレスを持つPCは存在していますが、pingへの応答が返らない状況です。
送信元PCや、宛先PCのファイアウォールでブロックしていないか確認しましょう。


pingの送信元と宛先が異なるネットワークセグメントの場合



「宛先ホストに到達できません」の場合


下記のように「要求がタイムアウトしました」の表示が混ざっても、「宛先ホストに到達できません」の表示があれば、このパターンです。

>ping 10.8.0.1

10.8.0.1 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
要求がタイムアウトしました。
要求がタイムアウトしました。
yy.yy.yy.yy からの応答: 宛先ホストに到達できません。
yy.yy.yy.yy からの応答: 宛先ホストに到達できません。


この場合では、送信元PCのデフォルトゲートウェイが間違っていないか、確認しましょう。
または、宛先IPアドレスが、そもそも存在しないネットワークセグメントです。

ルータの設定に問題あればそれも原因ですが、可能性は低いでしょう。
この場合、「yy.yy.yy.yy からの応答: 宛先ホストに到達できません」の yy.yy.yy.yy や、"tracert.exe yy.yy.yy.yy" 実行で表示されるノードの設定チェックが必要です。


「要求がタイムアウトしました」の場合


宛先IPアドレスは、存在するネットワークセグメント上ですが、そのIPアドレスを持つPCが存在していません。
または、ファイアウォールによりブロックされているかです。

この2つは、(pingの送信元と宛先のネットワークセグメントが異なる場合は)どちらが原因か区別は付きません。

送信元PCを、宛先PCと同じネットワークセグメントに接続できるならば、つなげて ping を実行します。
その後、本記事の [pingの送信元と宛先が同じネットワークセグメントの場合] の個所の内容に従ってください。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
pingの結果の「宛先ホストに到達できません」「要求がタイムアウトしました」の違い パソコン鳥のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる