パソコン鳥のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS WindowsでSIPクライアント baresip を使う

<<   作成日時 : 2018/02/27 22:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

WindowsでSIPクライアント baresip を使う方法です。
ひかり電話+ナンバーディスプレイを使っている場合は、baresip の出力内容に、かかってきた番号が含まれています。
これは標準エラー出力なので、それを取得すれば、Windowsで電話番号を取得することができます。

Linuxでは次の記事のようにできます。

Linux でひかり電話にかかってきた電話番号を取得する パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ


https://github.com/alfredh/baresip-win32 でWindows用 baresip を作成する方法が、説明されています。
以下は、その方法です。Linuxマシンでの作業が必要です。


まず、Makeファイルを取得します。


必要なモジュールのソースを取得します。


取得したモジュールのソースを展開します。

tar zxvf re-0.5.6.tar.gz
tar zxvf rem-0.5.2.tar.gz
tar zxvf retest-0.5.2.tar.gz
tar zxvf baresip-0.5.6.tar.gz
tar zxvf openssl-1.1.0g.tar.gz


取得したモジュールのソースを、必要な個所に移します。

mv re-0.5.6 re
mv rem-0.5.2 rem
mv retest-0.5.2 retest
mv baresip-0.5.6 baresip
mv openssl-1.1.0g openssl


ビルドします。

make openssl
make


これで、baresipディレクトリ下に baresip.exe が出来ているので、Windowsマシンにコピーします。


Windows上で baresip を実行すると、ディレクトリ C:\Users\XXXXX\AppData\Roaming\.baresip が出来ています。
(XXXXXはユーザ名です)

そこにある configファイルの、次の個所をコメントアウトします。

#module wincons.dll
#module dshow.dll


baresip は、SIPクライアントとして、ダイアルしたりのコマンドをキー入力できます。
今回は電話番号を表示させるだけなので、上記の wincons.dll のコメントアウトで、キー入力を無効化します。
また、実行時にエラーが出ますが、電話番号を表示させるだけの際には不要なので dshow.dll も無効化します。


同じ個所に、accounts ファイルがあります。
下記ページの「accounts ファイル」の個所の設定を行ってください。

Linux でひかり電話にかかってきた電話番号を取得する パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ


これで、Windows上で baresip を実行できます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
WindowsでSIPクライアント baresip を使う パソコン鳥のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる