パソコン鳥のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS SMTPS と SMTP をログ出力内容で区別する

<<   作成日時 : 2018/02/09 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

Linux の送信メールサーバで、SMTPS か SMTP かをログ出力内容で区別する方法です。
メールサーバの動作確認で、メーラからの接続が、SMTPS/STMPどちらかの確認に利用可能です。

受信用(POP3S , IMAP4S , POP3 , IMAP4)や、SMTPS/SMTP の認証の有無を確認する方法は、次の記事を参照してください。

POP/IMAP/SMTP接続のメールログ確認方法 パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ



CentOS では、メール送信にかかわる postfix のログは /var/log/maillog に出力されますが、SMTPS か SMTP かは、デフォルトでは区別できません。
(SMTPS + auth か、SMTP + auth も同様です)
区別できるようにするには、Postfix の設定で、次のオプションが必要です。

/etc/postfix/main.cf

smtpd_tls_loglevel = 1



設定後、Postfix に反映して下さい。
(CentOS7では、service postfix reload を実行しください)


SMTPS(SMTPS + authも同様です)での通信が行われた場合は、次のように、Anonymous TLS connection established で始まる内容が出力されます。
with cipher の後には、暗号化方式が出力されます。


Anonymous TLS connection established from unknown[xx.xx.xx.xx]: TLSv1 with cipher ECDHE-RSA-AES256-SHA (256/256 bits)


この行が出力されない場合、暗号化無の SMTP(またはSMTP + auth)通信です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
POP/IMAP/SMTP接続のメールログ確認方法
メール送受信時のアクセスで、どのようなログがメールログに残るか説明します。 メールサーバの動作確認で、メーラからアクセスしてサーバが接続を受け入れているかの確認に利用可能です。 次の送受信の時の接続ログについて説明します。 ...続きを見る
パソコン鳥のブログ
2018/02/09 23:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SMTPS と SMTP をログ出力内容で区別する パソコン鳥のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる