パソコン鳥のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Perlの出力でバッファリングしないようにする

<<   作成日時 : 2017/01/27 20:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Perlの出力でバッファリングせずに、すぐ出力するには、下記の行を実行します。


use IO::Handle;
STDOUT->autoflush(1);



次のプログラムはサンプルです。
0 1 2 ... と表示するものですが、実行してもすぐには表示が出ません。
出力がバッファリングされているためです。


#!/usr/bin/perl

$i = 0;
while( true ){
print "$i ";
$i++;
sleep( 1 );
}



次のように太字の行を追加します。
これを実行すると、すぐに 0 1 2 ... と表示されます。


#!/usr/bin/perl

use IO::Handle;
STDOUT->autoflush(1);

$i = 0;
while( true ){
print "$i ";
$i++;
sleep( 1 );
}

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Perlの出力でバッファリングしないようにする パソコン鳥のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる