パソコン鳥のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS カメムシの匂いは食器用洗剤で取れるのではないか?

<<   作成日時 : 2016/11/05 18:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日は洗濯物にカメムシがいて、手にあの臭い匂いがついてしまいました。
この匂い、食器用洗剤ですぐに取れるのではないでしょうか、という話です。


さて、今回、カメムシの匂いが手についてしまって、石鹸で洗ってもまだ匂いました。

そこでカメムシの悪臭の成分が分かれば、対処法があるかもと思い、調べました。
下記サイトによると「トランス-2-ヘキセナール」で、これは親油性とのこと。

カメムシ (2)臭い成分について | 地域医療に貢献する
シーズンオフかと思いきや。 | 地域医療連携室・医療相談室のblog


親油性=油に溶けやすい、なのでサラダ油で洗った後、石鹸で流すと匂いが取れるそうです。

ここで、ふと、思い立ちました。
食器用洗剤には界面活性剤が含まれていて、これは「親水性」と「親油性」を合わせ持ちます。

ということは・・・食器用洗剤で洗えば、サラダ油で洗って更に石鹸で油を洗い流す必要が無いのでは?

試してみると、石鹸でも消えなかった匂いが消えました。
まだ試していませんが、服についた匂いもこれでいけそうです。
(家のはフロッシュでしたが、他の洗剤でも同じと思います)


パソコン鳥は化学の知識は無いので、違うようでしたら、ご指摘いただけるとありがたいです。


さて、余談です。
今回、カメムシの悪臭の成分についての情報源が、ネットでなかなか見当たりませんでした。

そんななか、次の箇所で、論文へのリンクが記載されていました。
下記サイトを書かれたのはお医者さんでしょうか?
信頼性のある情報源(論文)を探されており、さすが、お医者さんだと思いました。

カメムシ (2)臭い成分について | 地域医療に貢献する

なお、上記でリンクされていた論文は、以下のものです。
パソコン・ワープロ普及前なので、論文、手書きなんですね。

東京大学教養學部 露木 孝彦・塩見 賢吾
東京農大農学部 緒方 行治・北村 節子・山本 出
1963年
カメムシの臭気成分の研究
天然有機化合物討論会講演要旨集 12-17
http://ci.nii.ac.jp/els/110006677391.pdf?id=ART0008702733&type=pdf&lang=en&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1478333881&cp=



参考


カメムシの臭いを取る方法!臭いを素早く消すには? | 情報お役立ちネット
カメムシ (2)臭い成分について | 地域医療に貢献する
シーズンオフかと思いきや。 | 地域医療連携室・医療相談室のblog
花王株式会社 製品Q&A 界面活性剤とは?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カメムシの匂いは食器用洗剤で取れるのではないか? パソコン鳥のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる