パソコン鳥のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS メモリ不足時に大事なプロセスが OOM Killer に殺されないようにする

<<   作成日時 : 2016/05/03 11:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Linuxでシステムがメモリ不足(OOM(Out of Memory))に陥った場合、1つ以上のプロセスを殺して空きメモリを確保する機能があります。
OOM Killer と呼ばれる機能です。


この OOM Killer は、各プロセスの oom_score 値が高いものを、殺すプロセスとして選択します。
各プロセスの oom_score 値は、/proc/[pid]/oom_score で確認できます。
次のコマンドを実行すると、まとめて確認できます。

grep "" /proc/*/oom_score



oom_score値は、oom_adj値によって調整され、oom_adj値は -17 〜 +15 の範囲の値をとります。
-17 は特別な意味を持ち、そのプロセスは OOM Killer の対象から外れます。
つまり、大事なプロセスが殺されないようにするには、そのプロセスの oom_adj値に -17 を指定すればいいことになります。

次のようにして設定します。
[pid] には、そのプロセスのプロセスIDを指定します。

echo "-17" > /proc/[pid]/oom_adj



以上、大事なプロセスが OOM Killer に殺されないようにするための設定でした。


参考


Man page of PROC
mysqlのoom_killerの優先度を下げる | hacknote
テキストファイルの内容をファイル名付きで表示する - Qiita

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メモリ不足時に大事なプロセスが OOM Killer に殺されないようにする パソコン鳥のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる