パソコン鳥のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS システムが重くなるので、カスタマーエクスペリエンス向上プログラムを無効化する

<<   作成日時 : 2016/03/13 15:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

時々、Windows7で起動直後に動作が遅くなることがありました。
CPU使用率が高かったり、ディスクアクセスがしばらく続いたりします。
リソースモニターのCPUタブやディスクタブを確認してみると、原因は rundll32.exe や CompatTelRunnner.exe でした。

これらはカスタマー エクスペリエンス向上プログラムの動作によるもののようです。

カスタマーエクスペリエンス向上プログラムは、ユーザーが Windows をどのように使用しているかの情報を収集する任意参加のプログラムです。
システムを重くしてまで動作させることは無いので、無効化します


まず、カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加しないようにします。

スタートメニューのコントロールパネルから、"システムとセキュリティ" を開き、続けて "アクションセンター" をクリックします。
画面左側で、"アクションセンターの設定を変更" をクリックし、画面下側の "カスタマー エクスペリエンス向上プログラムの設定" をクリックします。

下記の画面になるので、「いいえ、このプログラムに協力しません」を選択し、「変更の保存」ボタンを押します。

画像



続けて、タスクスケジューラの関連するタスクを無効化します。

まず、コマンドプロンプトを管理者権限で起動します。
起動方法が分からない場合は、下記を参照して下さい。

コマンドプロンプトを手早く管理者権限で実行する方法 パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ


起動したコマンドプロンプト上で、次の6行を実行します。


schtasks /End /TN "\Microsoft\Windows\Application Experience\AitAgent"
schtasks /Change /TN "\Microsoft\Windows\Application Experience\AitAgent" /DISABLE
schtasks /End /TN "\Microsoft\Windows\Application Experience\Microsoft Compatibility Appraiser"
schtasks /Change /TN "\Microsoft\Windows\Application Experience\Microsoft Compatibility Appraiser" /DISABLE
schtasks /End /TN "\Microsoft\Windows\Application Experience\ProgramDataUpdater"
schtasks /Change /TN "\Microsoft\Windows\Application Experience\ProgramDataUpdater" /DISABLE



以上で、カスタマーエクスペリエンス向上プログラムを無効化できました。



参考


実行中のタスクを終了させる
タスクの実行を無効にする
Revolver wicainventory.exe QueryAppBlock.exe
福井県産業情報センター 嶺南支所日記: rundll32.exeが原因でPCの動作が遅い


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
システムが重くなるので、カスタマーエクスペリエンス向上プログラムを無効化する パソコン鳥のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる