パソコン鳥のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS USBメモリからLinuxをインストールする(USBメモリから起動するLiveLinuxも可)

<<   作成日時 : 2015/11/12 23:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

通常のLinuxのインストールCD/DVDのように、LinuxをインストールするインストールUSBメモリを作成する手順です。
インストールCD/DVDの起動時のメニューに Liveモードがあるディストリビューションは、USBメモリから起動する Live Linux になります。


UNetbootinを使います。
下記ページからダウンロードします。

UNetbootin - Homepage and Downloads


USBメモリをPCに刺し、ダウンロードした UNetbootin を起動します。
USBメモリは FAT32でフォーマットされている必要があります。
また、USBメモリの内容は UNetbootin で上書きするもの以外は消えません。
UNetbootin で事前にUSBメモリの空き容量チェックは行われないので、不要なファイルは削除して空き容量を確保しておいて下さい。


1.
「ディストリビューション」の箇所で、ディストリビューションとバージョンを指定します。
既に isoイメージを持っている場合は、「ディスクイメージ」を選択し、ISOイメージファイル名を指定します。
「ドライブ」の箇所でUSBメモリのドライブを指定し、「OK」ボタンを押します。
「ディスクイメージ」を選択した場合は、3.にジャンプします。


画像



2.
指定されたディストリビューションとバージョンのインストールCD/DVDイメージが自動的にダウンロードされます。
ダウンロードに時間がかかります。

画像



3.
ダウンロードが完了すると、USBメモリにコピーされます。

画像




4.
ブートローダ(USBメモリから起動する為のプログラム)がUSBメモリにコピーされ、完了です。

画像




これで、USBブート可能なインストールUSBメモリが作成されました。



USBメモリを刺してPCを起動すると、ブートメニューが表示されます。
ブートメニューの外観は UNetbootin 独自のものですが、メニューの項目自体は各ディストリビューションのものが表示されます。

Ubuntuの場合です。
画像


CentOSの場合です。
画像



なお、USBメモリから起動するには各PCのBIOSで設定する必要があります。

USBメモリから起動できないPCの場合には、CD/DVDから間接的にUSBブートする方法もあります。
下記記事を参照して下さい。

USBブート出来ないPCでUSBブートする

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
USBメモリからLinuxをインストールする(USBメモリから起動するLiveLinuxも可) パソコン鳥のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる