パソコン鳥のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS SSHでリモートマシンのディレクトリをマウントする

<<   作成日時 : 2015/10/28 07:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Linux で SSH経由でリモートマシンのディレクトリをローカルマシンにマウントする方法です。
sshfs コマンドを使用します。
なお、以下の説明は Ubuntu でのものです。

インストール・使い方


インストールです。

apt-get install sshfs



リモートマシンのディレクトリをローカルマシンにマウントするには、次の書式で sshfs を実行します。
[]内は省略可能です。
実行後、リモートマシンのパスワードを要求されます。


sshfs [ユーザ名@]リモートホスト:[リモートのディレクトリ] マウントポイント


例えば、次のようにすると、192.168.1.228 のマシンの /home/user/dirディレクトリを、ローカルマシンの ~/mnt/dir にマウントします。

sshfs 192.168.1.228:/home/user/dir ~/mnt/dir


アンマウントは、fusermountコマンドで行います。

fusermount -u ~/mnt/dir



公開鍵認証の方法


sshfs でも、sshで公開鍵認証する場合と同様、鍵認証できます。

下記記事に従って、公開鍵・秘密鍵の生成、公開鍵のサーバへの設定を行います。
また、秘密鍵をクライアントマシンにコピーしておきます。

公開鍵認証による接続方法(sshコマンドの場合) パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ


公開鍵認証で sshfs を使うには、次の3通りがあります。
いずれも、秘密鍵や設定ファイルのパスはフルパスで指定します。
相対パスでは、鍵ファイルを使用しない通常の接続になってしまいます。


sshfs -o IdentityFile=秘密鍵のフルパス [ユーザ名@]リモートホスト:[リモートのディレクトリ] マウントポイント



sshfs -o ssh_command='ssh -i 秘密鍵のフルパス' [ユーザ名@]リモートホスト:[リモートのディレクトリ] マウントポイント



sshfs -F 設定ファイルのフルパス [ユーザ名@]リモートホスト:[リモートのディレクトリ] マウントポイント

設定ファイルの内容
IdentityFile 秘密鍵のフルパス




エラー時の対処


sshfs 実行後にリモートマシンのパスワードを求められた際、CTRL-C でキャンセルすると、もう一度 sshfs を実行しても次のエラーが出て接続できません。


fuse: bad mount point `マウントポイント': Transport endpoint is not connected


この場合は、アンマウントすればOKです。

fusermount -u マウントポイント



参考


sshで他マシンのファイルシステムをマウントするには − @IT
ssh越しにフォルダをマウントできる『sshfs』コマンド | 俺的備忘録 〜なんかいろいろ〜
SSHFSを使ってSSH経由でリモートをマウント - Wikimura
sshfs - いさぢちんメモ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SSHでリモートマシンのディレクトリをマウントする パソコン鳥のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる