パソコン鳥のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS CentOS7 でセキュリティに関するパッケージの更新のみ行う

<<   作成日時 : 2015/09/30 19:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

CentOS7 でセキュリティに関するパッケージの更新のみ行う方法は、下記のCentOS6での方法と同じ手順で出来ます。

CentOS6 でセキュリティに関するパッケージの更新のみ行う パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ




2016/2/27追記

CentOS7用に、上記の記事から次の箇所を変更して下さい。
赤字の箇所がCentOS7での変更箇所です。

「インストール・設定」の箇所は、次のようにします。
2016.10.17
sed -i -e〜の行の内容を修正しました

yum install python
yum install createrepo
yum install yum-plugin-security
mkdir /security
wget -P/security https://raw.github.com/hany55/generate_updateinfo/master/generate_updateinfo.py
sed -i -e "s/BUILD_PREFIX = \"\/tmp\"/BUILD_PREFIX = \"\/security\"/g" /security/generate_updateinfo.py
sed -i -e "s/BUILD_PREFIX = options\.destination/BUILD_PREFIX = \"\/security\"/g" /security/generate_updateinfo.py
sed -i -e "s/RELEASES = \['6','other'\]/RELEASES = \['7','other'\]/g" /security/generate_updateinfo.py
createrepo /security


「セキュリティアップデートの仕方」の箇所は、次のように修正です。

wget -q -N -P/security http://cefs.steve-meier.de/errata.latest.xml
python /security/generate_updateinfo.py /security/errata.latest.xml
/usr/bin/modifyrepo /security/updateinfo-7/updateinfo.xml /security/repodata
2017.4.24 誤記修正
上の行の末尾に余計な文字(y)が付いていたので、修正しました




2016/2/27追記-ここまで


上記の記事でも述べていますが、セキュリティに関するパッケージの更新のみ行う yum-security というプラグインは、現時点ではうまく動作せず、セキュリティ更新がなされません。
これは、現在、セキュリティアップデート用のリポジトリが公開されていない為です。

そこで、上記記事では、yum-security を動作させる為に、セキュリティアップデート用のリポジトリを作成する方法について説明しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Windows7/8.1のセキュリティのみの更新プログラム
2016年10 月以降、Windows7/8.1ではセキュリティのみの更新プログラムが提供されるようになりました。 ...続きを見る
パソコン鳥のブログ
2016/11/01 22:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
基本は同じなのですが、generate_updateinfo.pyを
RELEASES = ['7','other']
に変更することを追記しておいていただけると嬉しいです。
早く標準でできるようになってほしい...
もやし
2016/02/25 12:00
ご指摘ありがとうございます。
記事を修正しました。
パソコン鳥
2016/02/27 20:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
CentOS7 でセキュリティに関するパッケージの更新のみ行う  パソコン鳥のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる