パソコン鳥のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Windows7のバグで、削除されるべきファイルが残ったままだった

<<   作成日時 : 2015/07/30 21:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Cドライブの容量が少なくなったのでチェックしてみると、下の箇所にファイルが大量にありました。

C:\Windows\ServiceProfiles\LocalService\AppData\Local\Temp\TfsStore\Tfs_DAV

ところが、この中にあるファイルを開こうとしても開けません。

調べてみると、OneDrive for Bisinessにバックアップする | FILES=0 の「windows7でwebdavするとCドライブがいっぱいになる」に答えがありました。

Windows7のバグで、削除されるべきファイルが残ったままになるようです。

WebDAV クライアント コンピューターで Windows 7 または Windows Server 2008 R2 が実行されているキャッシュ ファイルは削除されません。


上記情報は 2013年2月のもので、既に修正プログラムはWindowsUpdateで配布されていて、もう今は問題は起こりません。
確かに、残っていたファイルは2013年2月までのものでした。

Windowsのバグで新たにファイルが残ることは無いものの、既存のファイルは削除しないとずっと残ったままになります。
Cドライブの容量が少なくなっているので、早速残っていたファイルを削除して、容量に空きが出来ました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Windows7のバグで、削除されるべきファイルが残ったままだった パソコン鳥のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる