パソコン鳥のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Linux で ISOイメージを作成したり、ISOイメージの中身を参照する方法

<<   作成日時 : 2015/05/04 10:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Linux で ISOイメージを作成したり、ISOイメージの中身を参照する方法です。


ISOファイルの作成


mkisofsコマンドを使います。
mkisofs を使うには、genisoimage パッケージが必要があります。
インストールは次で行います。

CentOS

yum install genisoimage


Ubuntu

apt-get install genisoimage



ISOファイルの作成は、次の書式で行います。
'ディレクトリ' で指定したディレクトリ下を、ISOファイルに作成します。

mkisofs -r -J -l -o ISOファイル名 ディレクトリ


例えばCDのISOイメージを作成したい場合、'ディレクトリ' には CDのマウントポイントを指定します。



ISOイメージの中身の参照


ISOイメージをマウントすれば参照できます。
ISOファイルのマウントは、root で次のコマンドで行います。

mount -o loop ISOファイル名 マウントポイント



以上、ISOイメージの作成・中身の参照方法でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Linux で ISOイメージを作成したり、ISOイメージの中身を参照する方法 パソコン鳥のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる