パソコン鳥のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS コマンドプロンプトを手早く管理者権限で実行する方法

<<   作成日時 : 2015/02/14 16:03   >>

トラックバック 2 / コメント 0

コマンドプロンプトを管理者権限で実行する場合、スタートメニューの「コマンドプロンプト」 の上で右クリックして「管理者として実行」を選ぶ方法以外にも方法があります。

以下の2つです。
・スタートメニューの「プログラムとファイルの検索」から起動する場合
・Windows8/8.1のショートカットキーで起動する場合

[ユーザーアカウント制御] ダイアログボックスが表示された場合は、[はい](Windows 7/8/8.1)/[続行](Windows Vista)をクリックして下さい。


スタートメニューの「プログラムとファイルの検索」から起動する場合

Windows Vista/7 のスタートメニューの「プログラムとファイルの検索」でcmdと入力した後、SHIFT+CTRL+ENTER を押します。
すると、管理者権限でコマンドプロンプトが起動します。
画像


なお、この方法ではコマンドプロンプト以外も管理者権限で起動できます。



Windows8/8.1のショートカットキーで起動する場合

Windows8/8.1 では、Windowsキー と Xキーを同時に押し、現れたメニューで「コマンドプロンプト(管理者)」を選択します。
画像





なお、スタートメニューから起動する場合は以下になります。

Windows Vista/7 のスタートメニューから起動する場合

スタートメニューの すべてのプログラム -> アクセサリ を開きます。
「コマンドプロンプト」 の上で右クリックし、メニューから「管理者として実行」を選ぶと、管理者権限で起動します。
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
MTUの変更やTCP/IPタスクオフロード無効化でネットワークは高速化されるか実験しました
MTUとは、パケットが分割されずに一度に送信できるパケットサイズです。 ネットワーク内の機器などの通信環境に依存し、MTUを上回るパケットは、サイズがMTUで分割されて転送されます。 従って、PCが送信するパケットサイズをネットワークのMTU値にするのが一番転送効率が良いことになります。 ...続きを見る
パソコン鳥のブログ
2015/02/16 21:38
システムが重くなるので、カスタマーエクスペリエンス向上プログラムを無効化する
時々、Windows7で起動直後に動作が遅くなることがありました。 CPU使用率が高かったり、ディスクアクセスがしばらく続いたりします。 リソースモニターのCPUタブやディスクタブを確認してみると、原因は rundll32.exe や CompatTelRunnner.exe でした。 ...続きを見る
パソコン鳥のブログ
2016/03/13 15:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コマンドプロンプトを手早く管理者権限で実行する方法 パソコン鳥のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる