パソコン鳥のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 壊れたメモリもまだ使えるかも知れないWindowsの設定

<<   作成日時 : 2014/11/15 20:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

メモリ故障しているとブルースクリーンが発生することがあります。
もしメモリ故障していたら、通常はメモリ交換します。
しかし、故障個所によっては、Windowsでの使用メモリ量が減りますが、Windowsの設定だけで、まだ使用できるかもしれません。
その設定を紹介します。

なお、ブルースクリーンが発生している場合は、まず先に以前の記事を見てください。

ブルースクリーンの対処方法 パソコン鳥のブログ/ウェブリブログ


Memtest86+ でのメモリチェック


まず、メモリが故障しているかをチェックします。
メモリが故障しているかのチェックには、Memtest86+ を使用します。

Memtest86+ - Advanced Memory Diagnostic Tool

使い方は以下のページを参照して下さい。

「Memtest86+」の使い方 - パソコントラブルと自己解決

上記のページでは紹介されていませんが、USBメモリからにインストールして、USBメモリから起動することも出来ます。
その場合の方法です。

まず、Memtest86+ の下記ページに行きます。

Memtest86+ - Advanced Memory Diagnostic Tool

Download - Auto-installer for USB Key (Win 9x/2k/xp/7) の箇所からダウンロードします。
2014/11/15時点では、memtest86+-5.01.usb.installer.zip です。

ダウンロードしたファイルを解凍して Memtest86+ USB Installer を実行します。


「I Agree」ボタンを押します。
WS0136



USBメモリのドライブを選択し、(Recommended) の左にチェックします。
WS0137



「Create」ボタンを押します。
WS0138



インストールが始まります。
始めにUSBメモリがフォーマットされます。
WS0139



次に必要なファイルがインストーラによってUSBメモリにコピーされます。
WS0140



「Finish」ボタンを押してインストール完了です。
WS0141



次にパソコンでUSBメモリから起動できるように設定して下さい。
良くわからない場合は、下記ページの「作成したインストールUSBメモリから起動する」を参照して下さい。

Windows TIPS:Windows 7/8/8.1のインストールUSBメモリを作る(diskpart編) - @IT



USBメモリをパソコンに刺した状態で、再起動します。
Memtest86+ が起動して、メモリチェックが始まります。


メモリチェックの確認方法


Memtest86+ の実行でメモリチェックでエラーがあると、下の写真のように赤い表示が出ます。

画像



Failling Address 列がメモリの故障個所ですが、〜MB と表示されている値に注目します。
先の写真のでは、1911.5MB、1912.0MB、2034.5MB、2035.0MB です。
これらのメモリの故障個所に Windows がアクセスすると、ブルースクリーンが発生します。

この中では、1911.5MB が一番小さい値で、1911.5MB 以降でエラーが発生するようです。
そこで、Windows が故障個所の 1911.5MB 以降にアクセス出来ないようにできれば、ブルースクリーンが発生することは無くなります。

例えば、写真のエラーが出たパソコンでは 2GB(=2048MB)のメモリを搭載していて、1911.5MB がエラー箇所で一番小さい値です。
そこで、メモリの 1911.5MB 以降を Windows がアクセスしないように設定します。

ただし、1911.5MB 以降を使用できないようにするので、Windowsでの使用メモリ量が減ります。
もし 1000MB 以降でエラーだったら、1GB(約1000MB)しか使用できなくなってしまいます。

Windows が動作するには、1GB(=1024MB)以上は欲しいので、値が小さい箇所でエラーになる場合はこの方法は使用できません。
メモリ交換が必要です。



最大メモリの設定


Windows がメモリの故障個所にアクセス出来ないようにする設定です。

[スタート] ボタン(WindowsVista/7)の[プログラムとファイルの検索] ボックス、またはスタート画面の検索の箇所(Windows8)に「msconfig」と入力し、表示された一覧の [msconfig] をクリックします。

[システム構成] ウィンドウが表示されるので、 [ブート] タブの [詳細オプション]ボタンをクリックします。
[最大メモリ] チェック ボックスがオンになっていない場合はオンにして、その下のボックスで、最大メモリサイズをMB単位で入力します。
ここに入力する値は、先の Memtest86+ でのエラーの Failling Address 列の一番小さい値より、小さい値を指定して下さい。
先の例では、1911.5MB なので、1900 と入力します。
画像



「OK」ボタンを押した後、コンピューターを再起動します

これで、Windows は指定した最大メモリしか使用せず、壊れた箇所にはアクセスしないので、ブルースクリーンも発生しません。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
メモリのチェック、メモリ診断ツールと Memtest どちらがいい?
メモリのチェックツールについて、Windows標準で付いてくるメモリ診断ツールと、フリーソフトMemtest どちらがいいか、職場の人に質問されました。 ...続きを見る
パソコン鳥のブログ
2015/08/31 21:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
壊れたメモリもまだ使えるかも知れないWindowsの設定 パソコン鳥のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる